結婚式場・披露宴会場の種類と特徴

結婚式会場種類

結婚式や披露宴の会場は、多種多様なスタイルが存在します。定番のホテルウェディングや専門式場はもちろん、近年ではゲストハウスウェディングやリゾートウェディングも人気。

このページでは、結婚式場の種類や特徴を紹介。いろんな選択肢を理解した上で、自分たちの理想の結婚式を挙げましょう。

結婚式場や披露宴会場の種類

幅広い層の招待客に楽しんでもらいたいなら、やはり専門式場やホテルウェディングがおすすめ。少人数でアットホームな雰囲気を過ごすなら、レストランウェディングやハウスウェディングといった選択肢も人気です。
結婚式種類

専門式場ウェディング

専門式場のウェディングは、その名の通り結婚式を専門に扱うだけあって、安心感のあるクオリティが魅力です。キリスト教式のための「チャペル」や、神前式のための「神殿」など、幅広いニーズに対応しているところが多いのが特徴。

挙式と披露宴会場が同じ敷地内、もしくは近隣であることがほとんどなので、打ち合わせや衣装合わせなどを1ヶ所で行えます。知識の豊富なウェディングプランナーに任せられるのも便利で、披露宴ではトレンドの演出も盛り込めます。

定番の形式での結婚式や披露宴を行なうなら、満足できる選択肢になり得るでしょう。親族や年配のゲストなど、幅広い層に喜んでもらえるのもメリットですね。

ホテルウェディング

ホテルウェディングの魅力は、充実した設備と質の高いサービス。特に人気や知名度のあるホテルでは、格式の高い披露宴が執り行えます。

スタッフのホスピタリティも心強く、招待客へのサービスも安心。また、遠方からのゲストがそのまま宿泊できるのも魅力ですね。

格式や全体的な利便性が優れている分、費用面では専門式場よりも高くなるケースが多めです。

レストランウェディング

レストランウェディングは、カジュアルでお洒落な雰囲気を楽しめるのが魅力のスタイル。最近ではチャペルを併設しているレストランも増え、キリスト教式や人前式での挙式を行えます。

美味しい料理が楽しめるのが最大の魅力。結婚式にありがちではない、レベルの高い料理をゲストに味わってもらえます。

貸切で、アットホームな雰囲気の結婚式が行える点でも人気。専門式場やホテルウェディングよりも費用が安い場合が多く、少人数ウェディングにも最適です。

ハウスウエディング / ゲストハウスウエディング

ハウスウェディング(ゲストハウスウェディング)とは、一軒家タイプのレンタルハウスや、一軒家レストランを貸し切って行なうスタイルの結婚式です。

併設したチャペルでキリスト教式の挙式を行なったり、庭園で人前式スタイルのガーデンウェディングを選んだりできます。

プライベート感満載で、親しい友人や家族と自由に楽しめるのが魅力。ガーデンやプールなどを備えた会場も多く、アットホームで海外映画のような雰囲気のなかで写真撮影が行えるのも人気です。

ヨーロッパのお屋敷のような「ゲストハウス風」専門式場も近年増えています。

リゾートウェディング

国内や海外のリゾート地で、美しい自然に囲まれながら結婚式が上げられるリゾートウェディング。

国内なら沖縄、海外ならハワイやグアムなど、海が綺麗な地域が人気です。ガラス張りのチャペルや、砂浜での挙式など、リゾート地ならではのロケーションも魅力的。

渡航費がかかる分、費用面を考えると少人数ウェディング向き。披露宴の代わりに、リゾート敷地内のレストランを貸し切ってビュッフェ形式のパーティを行うなど、工夫次第で都会の専門式場より費用を抑えることも可能です。

クルーズ(船上)ウェディング

クルーズウェディングでは、船を貸し切ってオープンデッキで挙式と披露宴を行います。挙式スタイルは、船上に牧師を呼ぶキリスト教式や、ゲストを証人にする人前式、または船長(キャプテン)に立ち会ってもらう船ならではの形式も。

クルージングしながら3時間ほど過ごし、ロマンチックな雰囲気を楽しめますが、天候に左右されるのが難点。船に弱い招待客への配慮も必要となります。

アミューズメントパークウェディング

テーマパークやプラネタリウム、水族館や美術館などで行なうスタイルの結婚式も近年人気です。挙式は人前式や、チャペルが併設されている場合はキリスト教式も可能。

テーマパークでは、キャラクターが式に参加してくれるのも魅力。自分たちの好きな場所を舞台に、思い出に残る結婚式が行えます。

自宅結婚式

日本の伝統的なスタイルで、新郎宅で執り行われます。地方の旧家などに残っている形式で、大広間で両家の家族が祝いの膳を囲むの囲むのが一般的。

家同士の結びつきを重んじ、文字通りアットホームな雰囲気を楽しめます。