神前式とは?挙式の流れや新郎新婦の服装について解説

花嫁行列や三三九度など、純和風の結婚式である神前式は現代でも人気のスタイルです。羽織袴からタキシード、白無垢や色打掛けからウェディングドレスといったように、挙式と披露宴で様々な衣装が楽しめるのも魅力のひとつ。

このページでは、神前式の特徴や挙式の流れ、新郎新婦の衣装などを紹介。神前式の魅力を知り、結婚式の選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか?

神前式の特徴

昭和時代から根づく神前式スタイルの結婚式は、羽織袴や白無垢などの和装を楽しめることなどから現代でも人気があります。神社やホテル、結婚式場で挙式を行い、披露宴を催す場合はセットで申し込むのが一般的です。
神前式の特徴

和装に身を包み、神前で結婚の誓いをする神前式。明治33年に行われた大正天皇のご成婚が起源で、第二次世界大戦後に一般庶民へと広まりました。夫婦の結びつきだけでなく、”家と家の結びつき”という日本古来の結婚観に基づいており、両親や祖父母世代にも喜んでもらえます。

元々は神社で行われていた神前式ですが、近年では神社だけでなく結婚式場やホテル内にある神殿で行われることも多くなっています。また、かつては列席は親族のみとされていましたが、収容人数が多い場合は友人の列席も可能。ただし、式場によっては友人の列席がNGのところもあるため、事前確認は必要です。

当日に披露宴を行なうことももちろん可能。セットで申し込むのが一般的で、ホテルや結婚式場の神殿内で挙式を挙げた場合は指定のバンケットルームが披露宴会場となります。大規模な神社の場合は敷地内に披露宴会場が併設されていますが、披露宴会場が無い神社の場合は近隣の会場と提携していたりするので事前に相談を。

羽織袴や白無垢、色打掛けなどの和装を楽しめる他、三三九度や玉串奉奠(たまぐしほうてん)など伝統を重んじた和のスタイルに魅力を感じるカップルが多く、思い出に残る結婚式として神前式は現代でも人気を高めています。

神前式の流れ

神前式の流れ、一般的な式次第をご紹介。神社によって指輪交換や神楽奉納の有無、順序が異なります。当日は、巫女さんが事前や挙式中に説明してくれるので、大まかに流れを把握しておけばOKです。
神前式の流れ

1.参進の儀(さんしんのぎ)

神職と巫女に導かれ、新郎新婦、両家の親、親族の順に本殿へと向かいます。雅楽による演奏の中、厳かな雰囲気を醸し出しながら「花嫁行列」が進みます。

2.入場

血縁関係の順に参列者が本殿に入場し、神前に向かって右に新郎側親族、左に新婦側親族が座ります。その後、新郎新婦と神職が入場します。

3.修祓の儀(しゅばつ / しゅうばつのぎ)

神職が祓詞(はらいことば)を述べ、身を清めます。

4.祝詞奏上(のりとそうじょう)

神職がふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈ります。

5.三献の儀(さんこんのぎ)

新郎新婦が三三九度の盃を交わします。大中小3つの盃で交互に神酒をいただき、永遠の契を結びます。

6.神楽奉納(かぐらほうのう)

夫婦の門出を祝し、神楽に合わせて巫女が舞を奉納します。

7.誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦が神前にて、夫婦の誓いを読み上げます・

8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串を神前に捧げ、二礼二拍手一礼をします。新郎新婦、仲人、両家代表の順に続きます。

9.指輪の交換

新郎から新婦へ、新婦から新郎へと結婚指輪を交換します。

10.親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)

親、親族が新酒を飲み、両家が親族となったことを祝します。

11.斎主挨拶(さいしゅあいさつ)

神職(斎主)が、式が滞りなく行われたことを報告します。

12.退場

本殿から退場します。挙式後は、神殿の前や庭で記念撮影を行います。

神前式や披露宴での新郎新婦衣装

新郎は五つ紋付羽織袴、新婦は白無垢が神前式のスタンダードです。披露宴では色打掛けやウェディングドレスなども選べて、様々な衣装を楽しめるのも神前式が人気の理由です。
神前式衣装

新郎は、和装第一礼装である五つ紋付羽織袴を着ます。レンタルで借りるケースが多く、羽織は黒が正式ですが、グレーやネイビー、白など別の色を選ぶことも。

新婦は、最も格が高い花嫁衣装である”白無垢”を選ぶケースが一番多いです。「嫁ぎ先のどんな家風にも染まります」という意味が込められており、掛けしたから小物まですべて白で統一します。綿帽子か角隠しを合わせるのが一般的。

白無垢以外には、華やかな色柄の”色打掛け”や、裾を引きずる形が特徴の”引き振袖”という選択肢も。挙式で白無垢を着て、披露宴のタイミングで色打掛けを着るというスタイルも可能です。

また、披露宴ではウェディングドレスへとお色直しするのも人気。最初から最後まで洋装のチャペルウェディングと異なり、和装と洋装の両方を楽しめるのも神前式の魅力です。挙式で”白無垢”、披露宴は”色打掛け”でスタートし、お色直しで”ウェディングドレス”や”カクテルドレス”をお披露目する花嫁さんも多いですね。