人前式とは?演出や進行の流れについて

人前式とは

オリジナリティ溢れる誓いの言葉など、自由な演出ができる結婚式として年々その人気を高めている人前式。チャペルウェディングや神前式のように形式にこだわらないのであれば、人前式は有力な選択肢です。

このページでは、人前式の特徴や進行の流れ、オススメの演出などを紹介。素敵なアイディアで一生の思い出になる挙式を作りましょう。

人前式とは

人前式とは、神仏ではなく親や友人などの列席者を立会人とする結婚式です。ウェディングドレスや演出、流れなどを自由にカスタマイズでき、リーズナブルな値段と温かみのある挙式の雰囲気で人気を高めています。
人前式の特徴

キリスト教式や神前式などとは異なり、親族や友人たちに結婚の誓いを立てる人前式。宗教にのっとった形をとるのではなくゲストを証人とする人前式は、列席者全員で幸せな一体感を共有できるのも特徴です。

人前式は形式や格式にとらわれる必要がなく、自由度がとても高いため年々人気が高まっています。進行の流れや演出、衣装、その気になれば挙式の場所まで自由に選ぶことも可能。オリジナリティ溢れるアイディアで、思い出に残る結婚にできます。一般的な挙式よりも、費用が比較的リーズナブルなのも大きな魅力です。

ただし、格式を重んじる年配の方などは戸惑うことも。事前に親や親族には理解してもらうよう心がけたいところですね。

人前式の流れ

人前式の流れは、チャペルウェディングを基にウェディングドレスを着ての入場や指輪交換などを行います。それに加えてオリジナルの誓いの言葉や婚姻届への署名といった演出も。ここでは、定番の人前式の進行を紹介します。
人前式の流れ

1.ゲストの入場

立会人となる列席者が、結婚証明書に署名して会場に入ります。

2.新郎新婦入場

列席者に見守られながら、新郎と新婦が入場します。

3.誓いの言葉

新郎新婦が事前に考えた誓いの言葉を列席者に述べます。真面目なものから笑えるものまで、ふたりの人間性が見えるオリジナリティのある誓いの言葉を考えましょう。

4.指輪の交換

新郎から新婦へ、新婦から新郎へと指輪をはめ、結婚指輪を交わします。

5.結婚誓約書に署名

自作の結婚誓約書や本物の婚姻届に、新郎新婦が署名捺印します。また、事前に決めておいたゲスト代表にも証人として署名してもらいましょう。ゲスト代表は、サプライズとして当日発表してもOKです。

6.誓いのキス

新郎が花嫁のベールを上げ、誓いのキスを交わします。キスが恥ずかしい夫婦には、ワイングラスで乾杯を交わすなどキスの代わりとなる演出ができるのも人前式ならでは。

7.退場

フラワーシャワーやライスシャワーなどの演出とともに、新郎新婦が退場します。

人前式で人気の演出

人前式で人気の演出を紹介。ウェディングプランナーと相談しながら、理想の雰囲気に応じた結婚式の演出を考えましょう。
人前式の演出

フラワーガール(フラワーボーイ)

バージンロードに花びらをまき、新婦の入場を先導するフラワーガール。入場を華やかにする、チャペルウェディングでも定番の演出です。

両親と入場

父親と入場する一般的な結婚式スタイルと異なり、両親とともに新郎新婦がバージンロードを歩くという演出です。家族への感謝の気持ちが伝わります。

ベールダウン

新婦がバージンロードを歩く前に、母親がウェディングドレスのベールを降ろします。花嫁の身支度を整えるこの所作には、母親としての最後の役目という意味も込められています。バージンロードを一緒に歩く父親との役目分担ができ、近年チャペルウェディングで人気の演出です。

リングボーイ(リングガール)

こちらもチャペルウェディングで定番の演出。お子様のゲストが、リングピローを祭壇まで運びます。

リングリレー

結婚指輪を通した一本の長いリボンをゲスト全員が手に持ち、リボンを伝って新郎新婦まで指輪を届けるという演出です。新郎側、新郎側でどちらが早く届けられるか競争形式にしても盛り上がります。招待客みんなで楽しみを共有できる、人前式ならではの演出ですね。

ブーケセレモニー

ゲストが持つ花を新郎が集めてブーケ(花束)にし、そのブーケで改めて新婦へとプロポーズするという演出です。

キャンドルリレー

家族やゲストがリレー形式で順にキャンドルの火を灯していき、最後に新郎新婦がウェディングキャンドルへと点火。参加者全員の幸せを願いながら、一斉にキャンドルの火を吹き消します。リレーの順序などは結婚式場の演出によって異なります。

バルーンリリース

挙式後に参加者全員で風船を持ち、一斉に空へと放ちます。空を彩る風船を眺めながら幸せを共有する、屋外では定番の演出ですね。