キリスト教式結婚式とは

キリスト教式結婚式とは

結婚式の種類の中でも、キリスト教式は定番中の定番。長年に渡って不動の人気を誇るのは、それだけの理由があるからです。

このページでは、キリスト教結婚式の特徴や挙式の流れ、行える演出について紹介。ウェディングドレス姿やバージンロードを歩く姿を思い浮かべながら、当日のイメージを膨らませましょう。

キリスト教式結婚式の特徴

ウェディングドレスにバージンロード、誓いの言葉など、キリスト教式は最もポピュラーな結婚式です。現在でも過半数以上の夫婦がこのスタイルを選ぶほどの人気です。
キリスト教式結婚式特徴

キリスト教式は、最も人気が高い結婚式です。チャペルやバージンロード、指輪交換など、多くの人が思い浮かぶ結婚式のイメージがキリスト教式だと言えるでしょう。

キリスト教式の結婚式は大別すると2種類に分かれ、”カトリック系”と”プロテスタント系”があります。教会で挙げるカトリック系の結婚式は、夫婦どちらか、もしくは両名が信者でなければ基本的に受け付けていません。そのため、キリスト教式を選ぶ多くのカップルはホテルや結婚式場のチャペルで、プロテスタント系の結婚式を挙げます。

生演奏やフラワーシャワーなど、あらゆる演出を追加できるのもキリスト教式の魅力。両親や親戚、友人たちから見守られながら愛を誓うキリスト教式は、理想の花嫁花婿像であり、5割以上の夫婦がこの様式を選んでいます。

キリスト教式結婚式の流れ

チャペルでのキリスト教式結婚式では、「式次第」という流れに沿って執り行われます。ここでは、一般的な挙式の流れを解説します。
キリスト教式結婚式の流れ

1.挙式前

ブライズルーム(控室)で身支度を終えたあと、教会へ向かいます。スタッフから流れの説明を受けたり、リハーサルを行なったりします。チャペルによっては、牧師からお話を頂戴することも。

2.新郎新婦入場

新郎が先に入場し、裁断前で新婦を待ちます。新婦は、父親もしくは親族とともに入場。式場によっては、母親によるベールダウンの演出を行なう場合もあります。

3.賛美歌斉唱

列席者全員で賛美歌を歌います。

4.聖書朗読・祈祷

牧師が聖書の中から婚姻にまつわる教えを朗読し、神に祈りを捧げます。

5.誓約

牧師の問いかけに、新郎新婦が応えるかたちで結婚の誓約を行います。

6.指輪の交換

新郎から新婦へ、新婦から新郎へと結婚指輪を左手の薬指にはめます。

7.結婚の宣言

新郎新婦が手を重ね、その上に牧師が手を置き祈りを捧げ、ふたりが夫婦であることを宣言します。

8.結婚証明書に署名

結婚証明書にサインを記入。新郎新婦、続いて牧師か証人が署名します。

9.閉式の辞

牧師が、ふたりの結婚が成立したことを列席者に報告し、閉式を伝えます。

10.新郎新婦退場

新郎新婦が腕を組み、列席者の拍手を受けながら退場します。

11.挙式後

列席者がフラワーシャワーなどの演出でふたりを祝福。写真撮影などを行います。

キリスト教式結婚式で人気の演出

チャペルで挙げる結婚式では、ブーケトスやフラワーシャワー、バルーンリリースなど様々な演出を追加することができます。ただし、結婚式場によってはできない場合もあるので、必ず行いたい演出がある場合は式場選びの際に確認しておきましょう。
結婚式フラワーシャワーブーケトス

■フラワーガール、バイブルボーイ

親戚や友人ゲストの中に、小さな子どもがいるならお手伝いしてもらうのもおすすめです。花嫁の入場を先導してバージンロードに花びらを撒くフラワーガールや、結婚指輪や聖書を運ぶリングボーイ、バイブルボーイなどは結婚式をとても和やかな雰囲気にしてくれます。

■フラワーシャワー、ライスシャワー

新郎新婦がチャペルから外に出てきた際に、ゲストが新郎新婦へ向けて花びらを撒くフラワーシャワー。花の香りが身を清め、厄災からふたりを守り、幸せを願うという意味が込められています。欧米ではエリザベス1世の時代から伝わってきたとされる風習で、日本でも非常に高い人気を誇る演出です。お米を撒くライスシャワーは、フラワーシャワーよりも歴史が古く、生涯食べ物に困らないようにという願いが込められています。

■ブーケトス

結婚式でも定番の演出だと言えるブーケトス。後ろを向いた花嫁がブーケを投げ、受け取った女性が次の花嫁になれるというこの伝統は、14世紀ごろのイギリスが発祥と言われています。最近では、未婚女性限定だけでなく、ゲストみんなが楽しめる全員参加型のブーケトスも人気。投げるのではなく、リボンを一斉に引いて1本だけがブーケに繋がっているというブーケプルズも定番のひとつです。また、男性用の催しとして、ブーケではなくブロッコリーを投げ、受け取った男性ゲストが次の花婿になれたり子宝に恵まれるというものがあります。

■バルーンリリース

挙式後、「幸せが天まで届くように」という思いを込めて新郎新婦とゲストで一斉に風船を飛ばすバルーンリリース。空へ舞う鮮やかな風船を見上げながら、ハッピーな気持ちをみんなで共有できる演出です。