招待状の出欠の返事やメッセージの書き方

結婚式の招待状の返信は、出席・欠席の意思を伝えるとともにお祝いのメッセージを新郎新婦へ伝える大切な文書です。

親しい友人であればある程度気軽に書けますが、相手が上司や取引先など目上の人の場合、マナーを守って失礼のないようにするのが礼儀。

この記事では、結婚式の招待状を頂いてから出席、欠席の返信を送るタイミングや、接頭語の消し方、お祝いメッセージの書き方について解説します。

結婚式の招待状は「出席」「欠席」問わずできるだけ早めに返事する

結婚式の招待状が届いたら、必ず返信用はがきに記入して送ります。出欠の返事はできるだけ早めに送ることで、新郎新婦は円滑に準備を進めることができます。特に出席の場合はお祝いの意味を込めて早めに。欠席の場合は少し期間を空けたほうが、残念な気持ちが伝わりやすいですが、それでも一週間程度の返信が目安。
%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b96

新郎新婦は、結婚式の出席人数を把握してから席次表の作成や引き出物の手配に取りかかります。そのため、招待客からの返事が遅いと、その分結婚式の準備が滞ってしまうのです。

結婚式の招待状が届いたら、締め切りの期限にかかわらず出席の返事は遅くとも1週間以内に返信するのがマナー。できるだけ早く出席の返事をすることでお祝いの気持ちも伝わるので、2〜3日中に返信するのが理想です。

欠席の場合は即日で返信してしまうとそっけない印象を与えてしまう可能性があります。とはいえ期日ぎりぎりは相手に迷惑がかかるので、やはり1週間以内を目安に返事を出すのがよいでしょう。

前もって電話など別の状況で出欠の意向を伝えていたとしても、招待状が届いた以上は必ず返信はがきで出欠の返事を送るのが基本です。

結婚式招待状の書き方、毛筆や筆ペンを用い「御」・「御芳」などの文字を消す

結婚式の招待状は筆ペンで書くのがベター。ボールペンの場合は必ず黒色で記入しましょう。「御」などの接頭語は二重線で消すのが基本マナーです。
%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b95

結婚式の招待状のようなあらたまった文書には、毛筆や万年筆、筆ペンなどを用いて記入するのが基本的な考え方。もしボールペンを使用する場合でも、必ず黒色のインクを使用しましょう。グレーやブルーなど、黒以外の色は失礼にあたります。

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b91

御出席・御住所・御芳名などの接頭語にあたる「御」や「御芳」は、消した上で返信するのがマナー。消すときは必ず二重線で、☓や塗りつぶしはマナー違反となります。また、「寿」の字を上から書く方法もありますが、場合によっては汚く見えることもあるのでやはり二重線がベターです。

%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b95

「慶んで(出席)させていただきます。」などの言葉を書き足すとより礼儀正しい印象に。

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e5%ae%9b%e5%90%8d%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e8%a6%8b%e6%9c%ac

宛名の「行」も忘れず「様」に直します。二重線は適当に引かず、定規を使ってていねいに引きましょう。

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b94

夫婦連名で招待され、「夫のみ」もしくは「妻のみ」のどちらか一方しか出席できない場合も「出席」に◯を。名前の欄には出席するほうの氏名のみを記入します。余白のメッセージ欄には、誰が欠席で誰が出席なのか受け取り側がわかりやすいような文面を心がけます。

結婚式の招待状に記入する「出席」の場合のお祝いメッセージ例文

招待状の返事に書くメッセージは、友人の結婚式の場合くだけた文章でも大丈夫ですが、目上の人の結婚式の場合は失礼のないよう気をつけましょう。また、友人の結婚式の場合でも、招待状の宛名がご両親の場合は礼儀正しくする必要があります。お祝いのメッセージには「、」や「○」などを書かないという考え方もありますが、句読点を書いてもマナー違反にはなりません。読みやすさ重視の書き方を心がけましょう。
%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b92

会社の上司や先輩、取引先の人の結婚式は、招待状のメッセージも簡潔であらたまった文章にするのが基本。招待していただいたお礼と、お祝いの気持ちを簡潔に記しましょう。

招待状の宛名がご両親の場合、出席者の管理や結婚式の準備の一部をご両親が手伝われている可能性があります。くだけすぎた内容は失礼にあたる可能性があるので注意。

お祝いごとに終止符はふさわしくないという理由から、「、」や「。」は打たないのが礼儀正しいという考えもありますが、読みづらい文章になるぐらいならきっちり句読点を使ったほうがいいでしょう。

招待状の出席メッセージサンプル1

おめでとうございます。
お招きいただき、たいへん嬉しく思います。
喜んで出席させていただきます。

招待状の出席メッセージサンプル2

このたびはご結婚おめでとうございます。
お招きいただき、ありがとうございます。
当日を心から楽しみにしております。

招待状の出席メッセージサンプル3

ご結婚おめでとうございます。
喜んで出席させていただきます。
麻奈さんの花嫁姿を見るのを楽しみにしています。

招待状の出席メッセージサンプル4(夫婦連名)

このたびはご結婚おめでとうございます。
喜んで夫婦そろって参加させていただきます。
おふたりの晴れ姿、心より楽しみにしております。

招待状の出席メッセージサンプル5(夫婦どちらかのみ参加)

ご結婚おめでとうございます。
お招きいただき、たいへん嬉しく思います。
夫明弘は海外出張と重なり伺うことができないため、
翔子のみ出席させていただきます。
当日を楽しみにしております。

結婚式の招待状に記入する「欠席」の場合のお祝いメッセージ例文

欠席する場合の招待状のメッセージは、お祝いの言葉と欠席のお詫びを簡潔に書きます。書き方の注意点としては、身内の不幸や病気などで出席できない場合、理由をぼやかすのがマナー。仕事の都合の場合は理由を明記してもOKですが、「多忙のため」は相手に失礼なので厳禁。
%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b93

結婚式に欠席する場合、招待状の返信用はがきには「せっかく招待いただいたのに出席できない」旨をメッセージにしたためます。

妊娠や子供の入学・卒業式などおめでたい理由の場合や、仕事の都合で行けない場合は理由を明記しても大丈夫ですが、弔事と重なった場合などは詳しい欠席理由にふれないのがマナー。「やむを得ない事情」などのようにして明記するのを避けましょう。

招待状の欠席メッセージサンプル1

このたびはご結婚おめでとうございます。
せっかくお招きいただきましたが、やむを得ない事情により出席することができず、たいへん残念です。
おふたりのご多幸を心よりお祈りいたします。

招待状の欠席メッセージサンプル2

ご結婚おめでとうございます。
せっかくのお招きですが、当日はどうしても仕事の都合がつかず、
残念ですが伺うことができません。
おふたりの末永いお幸せをお祈りしています。

招待状の欠席メッセージサンプル3

ご結婚おめでとうございます。
せっかくお招きいただきましたが、出産を控えているためたいへん残念ですが欠席とさせていただきます。
末永いお幸せをお祈りしています。