ふくさの包み方や祝儀袋の渡し方

結婚式・披露宴でのお祝儀の渡し方にも、マナーが存在します。当日は慶事に適した色のふくさを用い、正しい包み方で祝儀袋を準備しましょう。
また、結婚式の受付では新郎新婦へのお祝いの言葉を述べ、両手で差し出すのも礼儀。大人のたしなみとして、ふくさの種類や扱い方、受付での祝儀袋の渡し方をマスターしておきましょう。

祝儀袋を入れるふくさとは?種類や色について

ふくさ(袱紗)とは、小さなふろしきのような布で、結婚式や葬儀の際に祝儀袋(不祝儀袋)を包むために用います。慶事か弔事かによって使用できる色が異なるので注意が必要。ふろしきタイプのものと、ポケット型の「はさみふくさ」があります。

結婚式のご祝儀袋は、ふくさか小ぶりのふろしきに包んで渡すのが大人のマナーです。祝儀袋をそのままバッグや上着のポケットに入れるのは、汚れや折れる可能性があることはもちろん、「福を逃さず保つ」という意味で相手への礼儀を表します。ふくさがない場合は、綺麗めなハンカチで代用してもOKです。

ふくさの色ですが、結婚式・披露宴のような慶事では赤や朱色、えんじ色などの暖色系を使います。緑や紺、グレーのふくさはお葬式などの弔事用なので、結婚式では用いないよう注意。

%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%951

紫だけは、慶事、弔事の両方で使えます。紫色のふくさをひとつ持っていれば今後の冠婚葬祭すべてに使用できるので重宝しますね。ポケットタイプのはさみふくさが便利です。略式ですが、マナー違反ではありません。

ふくさの包み方

慶事と弔事で、祝儀袋(不祝儀袋)の包み方が異なるので注意。ふろしきやハンカチで包む場合も、結婚式では右開きが正面になるように包みます。
%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%955

1.中央よりやや左よりに祝儀袋を置く。

%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%954

2.左側の角を折る。

%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%956

3.上側の角を折る。

%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%957

4.下側の角を折る。

%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%958

5.右側の角を折り、包み込む。爪つきのふくさの場合は爪を留める。

%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%952

ポケットタイプの場合も、必ず右に開くと正面になるように。逆(左開き)は弔事用の包み方になるので要注意。

祝儀袋の渡し方、結婚式の受付でのマナー

祝儀袋は必ず両手で差し出します。また、お祝いの言葉をひと言述べるのが礼儀。たとえ知人・友人が結婚式の受付を担当していたとしても、友だち口調で軽口を叩くのはNGです。

ご祝儀は、結婚式・披露宴会場の受付で渡します。まずは、「本日はおめでとうございます。」というお祝いの言葉を忘れずに述べましょう。「新婦(新郎)の友人の◯◯です。」のひと言があればなお良いです。特に、受付が新郎側と新婦側に分かれていない場合は、どちらの招待客かわかるよう名乗りましょう。

あいさつが終われば、ふくさから祝儀袋を取り出します。祝儀袋の正面を相手に向け、必ず両手で渡しましょう。このとき、「心ばかりのお礼ですが、どうぞお納めください。」と言葉を添えればマナーとしては完璧です。

結婚式当日までに、すでにお祝いを贈り終えている場合は、名前の記帳のみ済ませます。「お祝いは済んでおりますので。」と述べておけば手ぶらでも違和感を抱かれることはないでしょう。

万が一うっかり受付でご祝儀を渡し忘れ、披露宴が始まってしまった場合は直接ご両親へ渡しましょう。