結婚式「お車代」や「お礼」の相場と渡し方とは

お車代

結婚式・披露宴でお世話になった人に対して渡す「お車代」や「お礼」。主賓や遠方からのゲスト、受付をお願いした人など、相手によってお車代の相場は異なります。

このページでは、お車代とお礼の相場や渡し方のタイミング、封筒の書き方などを解説。正しいマナーを把握しておくとともに、渡す相手をリストアップして抜かりのない結婚式の準備を行いましょう。

結婚式「お車代」や「お礼」の相場

結婚式でお渡しするお車代やお礼は、相手によって相場が異なります。主賓や受付、遠方からの招待客など、相手に応じた金額を渡しましょう。
お車代相場

■主賓、乾杯スピーチをお願いした相手へのお車代相場

主賓のスピーチや乾杯の挨拶を執り行っていただいた人に対してのお車代相場は「1万円以上」です。お金を包むか、往復のハイヤーを手配しましょう。

■遠方からのゲストへのお車代相場

交通費と宿泊費が2万円を越えるような、遠方からの招待客にもお車代をお渡しするのがマナー。全額負担が理想ですが、難しい場合は事前に相談した上で半額負担としましょう。交通費か宿泊費のどちらかを負担するという方向性で相談してもOKです。

■受付をお願いした相手へお礼相場

受付を担当していただいた友人へは、「3000円から5000円」程度のお礼を包むのが一般的です。現金、もしくは相場に相当する品物をお渡ししましょう。

■写真やビデオ撮影をお願いした友人へのお礼相場

当日の写真撮影やビデオ撮影を友人にお願いした場合も、お礼を渡すのがマナー。ご祝儀を辞退するか、上乗せして「1万円から3万円」程度をお渡しするのが相場ですが、結婚式・披露宴を通して食事もほとんどせず撮影してもらった場合は多めに包むべきですね。別途フィルム代や現像代など、かかった費用については、後日忘れずに支払いましょう。

■友人に司会をお願いした場合のお礼相場

プロではなく友人に司会をお願いした場合もお礼を。打ち合わせや台本作成などの事前準備も含め、最も負担のかかる役割である司会者には、ご祝儀辞退か、「2万円から3万円」を上乗せしてお渡しするのが相場です。

■友人代表スピーチ、余興などを担当した人へのお礼相場

友人代表スピーチや余興を披露してくれた友人へは、お礼を渡さなければマナー違反というわけではありません。感謝の気持ちとして数千円相当のお礼や商品券などを渡しても良いでしょう。

■ウェルカムボードなどのアイテム作成をお願いした人へのお礼相場

ウェルカムボードやブーケ、リングピローなどを作ってくれた人へは、製作時間や手間に応じたお礼を。「3000円から2万円」程度が相場です。友人から進んで引き受けてくれた場合も、製作にかかった材料費分は負担するのがマナーですね。

お車代やお礼の渡し方

お車代の渡し方は、両親から結婚式が始まる前のタイミングで渡すのが基本です。カメラ撮影やウェルカムボード製作を担当してくれた友人へは新郎新婦から渡しても問題ありません。それぞれの渡し方を把握しておきましょう。
結婚式お車代渡し方

■親から渡すお車代やお礼のタイミング

主賓や乾杯挨拶を務めてくれた人へは、”頼んだ側の親”が渡すのが基本です。主賓が新郎側なら新郎の両親が、乾杯挨拶が新婦側なら新婦の両親がお渡ししましょう。受付を済ませたあと、お礼の挨拶を兼ねて渡します。

遠方から来ていただいたゲストは、親族の場合は親からお車代を渡します。親族以外の場合は、受付で渡してもらうようにしましょう。

受付を担当していただく人へは、受付が始まる前にお礼をお渡ししましょう。新郎側・新郎側それぞれ頼んだ側の親がお礼のあいさつを兼ねて渡します。

司会を務めていただくゲストへは、両家の両親からお礼をお渡しします。受付が終わって、結婚式が始まる前にお渡ししましょう。

■新郎新婦本人から渡すお礼

新郎新婦から直接お礼を渡すのは、基本的に披露宴を”お手伝い”してくれた人たち。カメラ撮影を担ってくれた友人や、余興を執り行ってくれた友人、ウェルカムボードを製作してくれた友人などに渡しましょう。基本的には披露宴終了後に渡しますが、時間的に難しい場合は、後日早めに渡すようにしましょう。もしくは当日、披露宴中に両親から渡すようお願いしておきます。

「お礼」と「お車代」の違いと袋の書き方

お車代とは、主賓挨拶や乾杯の発声を行なった人、遠方からのゲストへ渡すものを指します。お礼は、受付や余興を担当した人への名目となります。金額による封筒の種類の違いや、袋の書き方なども把握しておきましょう。
お車代とお礼の書き方

主賓、乾杯挨拶を担った人と遠方からのゲスト、仲人にお渡しするのが「お車代」です。それ以外のゲストへ包むお金や品物は基本的に全て「お礼」となります。

結婚式のようなお祝いごとで使う封筒は、二度とほどけないという意味の”結び切り”で右上に”のし”の付いた祝儀袋やポチ袋を使います。簡単にほどける”蝶々結び”の柄が入った袋は結婚式ではNGです。

表書きは毛筆か筆ペンを用いて書きます。それぞれ「御車代」や「御礼」と書きましょう。祝儀袋の場合は最初から印字されているものもありますね。下半分に、両家の名字を連名で書きましょう。渡す相手の名前を書く必要はありません。

数千円のお礼の場合、豪華な祝儀袋に入れてしまうと不相応な印象を与えてしまいます。”ささやかですが感謝の気持ちです”という意味を込めて、少額の場合はポチ袋を用いましょう。1万円以上の場合は祝儀袋を使うのが理想です。

袋の中に入れるお札は新札を使うのがマナー。結婚式当日に急遽必要になる可能性を踏まえて、新札とポチ袋は余分に用意しておきましょう。