結婚祝いの祝儀袋の種類と書き方

結婚式のお祝いに使う祝儀袋は、包む金額によって使用する種類が違います。また、表書きや中袋の書き方にも気をつけるべきポイントがあるので、正しい書き方を知っておきましょう。

結婚祝い用の祝儀袋の特徴

婚礼関係のお祝いや内祝いには、「結び切りの水引・のしつき」の祝儀袋を使います。水引(中央のひも)が蝶々結びではなく、上向きの結び切りになっているのが特徴。
%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b22

出産や入学のような何度繰り返してもいいお祝いごとの祝儀袋は、水引が蝶々結びのものを。結婚のように1度限りのお祝いごとには、引っ張るとより固く締まり、ほどけることのないという意味で結び切り(あわび結び)の祝儀袋を使います。水引の色は紅白もしくは金銀。

右上にはのし(のしあわびの略)がついているのも特徴。かつてお祝いごとの贈り物に「あわび」を添えていたことが由来。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b9

金額に応じた祝儀袋の選び方

ひとくちに結婚祝いの祝儀袋と言っても、様々なデザインのものがあります。中に包む金額や、結婚式の雰囲気に見合ったものを選びましょう。

1万〜3万円ぐらいの結婚祝いであれば、水引きに金銀をあしらった比較的スタンダードな祝儀袋を選びましょう。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b4

高級感のある和紙に、豪華な水引きが飾られた祝儀袋は高額なお祝い用。5万円以上を包む場合に相応しいです。夫婦2人、会社仲間何人かで合わせる場合や、近親者へのお祝いなどで高額になるときはこちらを使いましょう。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b7

色付きなものや、華やかな水引きデザインの祝儀袋もあります。見た目には豪華ですが、白色以外の祝儀袋はフォーマルな披露宴にはあまり適していません。カジュアルウェディングや二次会などのパーティで渡す場合には良いでしょう。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b21

1万円以下など、金額が少ない場合は水引きやのしがプリントされたタイプの祝儀袋を使います。結婚式に参加せず郵送する場合や、手渡しする場合などに用いましょう。

祝儀袋の表書きの書き方

表書きは、毛筆または筆ペンで、黒の墨で色濃く書きましょう。名前はフルネームで書くのが基本。また、「御祝」や「寿」などの名目に比べ、氏名はやや小さめに書きます。
%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b5

市販の祝儀袋は、上段の名目はあらかじめ印刷されているものが一般的。印刷がされていないものは、「御祝」や「寿」と書きましょう。下段には自分の氏名をフルネームで。ボールペンは使わず、毛筆か筆ペンを用います。読みやすいよう楷書でていねいに、名目よりもやや小さめに氏名を書くのがポイントです。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b10

夫婦連名の場合は、ともにフルネームか、夫の氏名の左側に妻の名を書くのが一般的です。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b12

会社の同僚などの連名は、上下関係がある場合は右から地位の高い順に。特に上下関係がない場合は年齢順に書くのが良いでしょう。連名は3名までが限度で、4名以上の場合は代表者氏名の左側に「外一同」と書き、白地の便箋に全員の名前を書いて中に入れましょう。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b12

祝儀袋の中袋(中包み)の書き方

中袋は、表側の中央に金額を、裏側の左下に自分の住所と氏名を書きます。表書きとおなじく、ボールペンは使わずに筆や筆ペンで書くのが礼儀です。

中袋の表側に書く金額ですが、「一」や「二」のような漢数字ではなく、改ざんができないよう「壱」や「弐」といった大字を用いるのが正式です。ただし、漢数字を用いたとしてもマナー違反というわけではありません。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b13
漢数字
大字

「えん」に関しては「円」の方が一般的。「五」と「伍」はどちらでも可で、「仟」は「阡」でも可。また、円のあとに「也」は不要です。

左下に住所と氏名を記入。あらかじめ住所欄が印刷しているタイプのものは、印刷に合わせて書きましょう。表書きほど絶対的なマナーではないですが、ボールペンではなく筆や筆ペンで書くほうが礼儀正しいです。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b14

のり付けは新郎新婦の負担になるので不要です。

お札の入れ方と祝儀袋のとじ方

祝儀袋に入れるお札は新札を使うのがベター。向きも意識するとより礼儀正しいです。また、慶事か弔事かによって袋のとじ方が違うので注意が必要です。

祝儀袋に入れるお金は、新札を使うのが本来のマナー。新札を準備する時間がない場合は、アイロンでシワを伸ばすのも手段のひとつです。あまりにシワが目立つものは避けるようにしましょう。

お札の向きは、中袋を正面に見たとき、上側にお札の人物画が来るのが正しいかたちです。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b15

お金を包んだあとの祝儀袋裏側の重ね方にも注意。必ず下側が上にくるように重ねて水引をかけましょう。逆だと弔事の重ね方になってしまいます。

%e7%a5%9d%e5%84%80%e8%a2%8b18

「喜びは上向き(慶事)」、「悲しみは下向き(弔事)」と覚えておくのがいいでしょう。