出産内祝いのお礼状やメッセージカードの書き方と文例

出産内祝いお礼状文例

出産祝いのお返しとして贈る内祝いには、メッセージを添えるのがマナー。メッセージカードやお礼状に、感謝の気持ちを記します。

このページでは、お礼状の書き方を解説するとともに、例文を紹介します。職場の上司など目上の人へ出産内祝いを贈る際には、粗相がないようポイントを押さえたメッセージを書きましょう。

出産内祝いお礼状の書き方やマナー

内祝いのお礼状の文章は、一般的な書き方の定番パターンというのが決まっています。親しい友人へのメッセージなら意識する必要はないですが、職場の上司などに宛てる場合はマナーを押さえておきましょう。
出産内祝いお礼状メッセージカード書き方

出産内祝いのお礼状では、「お祝いを頂いたことのお礼」「赤ちゃんの名前」「家族の様子」「今後のお付き合いのお願い」という構成が一般的です。目上の人へのお礼状でかしこまった文章を書くのであれば、「拝啓 / 敬具」や時候の挨拶も書きましょう。

近年では内祝いの品にお礼状やメッセージカードを添えるのが主流。出産祝いを頂いてから1ヶ月前後にお返しするのが理想なので、忘れずに文章を完成させておきましょう。もしお礼状のみを先に出す場合は、お祝いを頂いた1週間以内に郵送するのがベターです。

注意点として、出産内祝いはあくまで”お祝いの記念の品”なので、「お返し」という言葉をメッセージの文章に使うのは避けましょう。

出産内祝いのメッセージカードやお礼状の例文

出産内祝いに添えるお礼状やメッセージカードの文例を紹介します。これらの定型文に、赤ちゃんの名前の由来を添えるなどして感謝の気持ちを表しましょう。写真を添えてもOKです。
出産内祝いお礼状文例テンプレート

【メッセージカード例文】

この度は心温まるお祝いをいただきまして、ありがとうございました。
子どもの名前は、◯◯(ふりがな)と命名いたしました。
おかげさまで母子ともに健やかに過ごしております。
ささやかながらお礼のしるしに心ばかりの品をお贈りさせていただきます。
今後とも、親子ともどもよろしくお願いいたします。

【お礼状例文】

拝啓
新緑の候、△△様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
この度は、長男の出産にあたり、心温まるお祝いをいただきまして、
誠にありがとうございました。
おかげさまで、○月○日に長男が誕生し、母子ともに健康に過ごしております。
長男には、◯◯(ふりがな)と命名いたしました。
ささやかながら心ばかりの品をお贈りさせていただきますので、どうぞお納めください。
今後も変わらず指導とご鞭撻の程、何卒宜しくお願い申し上げます。
敬具
平成 ◯年◯月◯日
宮川 庄一・明菜