出産祝いの金額相場とプレゼントのマナー

出産祝い金額相場

出産祝いをプレゼントするときに、気になるのが金額の相場。友人や親戚、職場の同僚など、贈る相手との関係性によっても相場は変わってきます。

このページでは、出産祝いの一般的な金額相場を紹介。現金や品物をプレゼントするときのマナーについても解説します。

出産祝いの金額相場

出産祝いの相場に明確な決まりはありませんが、一般的だとされる金額は以下のとおり。友人や同僚、いとこなど、ほとんどの場合は5000円前後が妥当ですね。兄弟、姉妹はやや相場が上がります。
友人 5,000円
会社の同僚 5,000円
会社の部下 5,000〜10,000円
兄弟・姉妹 5,000〜30,000円
親戚 5,000円

出産祝いは現金?品物?気をつけたいマナーについて

出産祝いで品物をプレゼントする場合は、新生児用ではなく少し大きめのベビー服を贈るなど配慮しましょう。現金を贈る場合は、縁起の悪い「4」「9」がつく数字を避けます。
出産祝い金額相場

相場を大きく逸脱しなければ、現金と品物どちらを渡しても失礼にはあたりません。ただし、それぞれ知っておきたい注意点があります。

品物をプレゼントする場合は、貰って困るようなプレゼントはできるだけ避けましょう。ベビー服を贈る場合でも、新生児サイズはすでに自身で準備している可能性が高いので、1歳前後で必要になってくる80cmサイズを選ぶなどすると喜ばれます。

現金の場合は、4000円や9000円など、不吉とされる「4」「9」がつく額を贈るのはマナー違反。また、相場の範疇ではあるものの、上司から部下へ渡す場合に現金5000円というのは少々格好がつかない印象があります。

「現金だと味気ない気がするけど良いプレゼントが思いつかない」という人は、商品券やカタログギフトだと失敗がなくオススメです。