お葬式で遺族が着る喪服のマナー

遺族が着用する喪服は、通夜・葬儀を通して格式の高い正喪服を着用するのが本来のマナーでした。現在では準礼装であるブラックスーツやアンサンブルを着ることが多く、遺族と一般の会葬者の装いに差はなくなってきています。

しかし、会葬者を迎える立場にある遺族は、準礼装の場合でも間違いのない装いをするのが礼儀。本来の正式礼装の基本をおさえつつ、できる範囲で正しい装いを心がけましょう。

遺族が着る女性の正喪服とは

女性の喪服、洋装の場合

%e8%91%ac%e5%bc%8f%e3%80%81%e9%81%ba%e6%97%8f%e3%81%ae%e6%9c%8d%e8%a3%851

通夜・葬儀で洋装の喪服を着る場合、遺族が着る正喪服としてはアフタヌーンドレスが正式。なければスーツやワンピースを同じく光沢のない黒素材で。スーツの場合はインナーも黒にします。上着は長袖でえりもとが詰まったものを。スカートの丈は膝下からくるぶしのあいだまでのものがフォーマルです。

靴は低めのヒールで飾りや光沢のない黒のパンプス。爬虫類系の革製は避けます。ストッキングも必ず黒を選びましょう。

バッグも黒のものを選びますが、金具がついているものはNGなので注意。殺生をイメージする爬虫類系の革も避け、装飾の少なめなシンプルなものを。

アクセサリーは真珠(パール)が一般的。もしくはオニキスや黒曜石などの黒いものならOKです。

女性の喪服、和装の場合

%e8%91%ac%e5%bc%8f%e3%80%81%e9%81%ba%e6%97%8f%e3%81%ae%e6%9c%8d%e8%a3%853

黒無地の染め抜き五つ紋の着物が正式。帯、帯揚げ、帯締めも黒で統一します。長じゅばんと半えりは白で。

草履は黒で布製のものを。和装の場合はバッグも黒の布製を選びます。

遺族が着る男性の正喪服とは

男性の喪服、洋装の場合

%e8%91%ac%e5%bc%8f%e3%80%81%e9%81%ba%e6%97%8f%e3%81%ae%e6%9c%8d%e8%a3%852

洋装ではモーニングコートが正式礼装ですが、モーニングコートは昼だけの装いなのでお通夜では着用しません。そのため、お通夜では準礼装であるブラックスーツを、葬儀ではモーニングコートというのが本来の考え方。

しかし、現在では遺族も近親者も、通夜・葬儀・告別式すべてでブラックスーツを着用するのが一般的です。

ネクタイ、靴下も必ず黒を。ネクタイピンなどの小物はNG。靴は内羽根ストレートチップ(つま先に一文字の線が入ったもの)が最もフォーマルですが、なければ光沢のない黒の革靴で大丈夫。

男性の喪服、和装の場合

黒無地染め抜き五つ紋の着物と羽織り、仙台平の袴が和装の正喪服です。羽織りのひもと半えりは黒かグレーのものを選びましょう。

足袋は黒もしくは白を。草履は黒い鼻緒のものを履きます。