お葬式に参列するときのマナーや焼香の手順

お葬式は、冠婚葬祭のイベントの中でも最もマナーに注意したい儀式かと思います。この記事では、通夜・葬儀・告別式それぞれの違いを紹介した上で、会場内の振る舞いや焼香マナーについて解説します。焼香マナーは宗教によって手順がさまざまですが、基本的には大まかな流れだけ把握しておけば大丈夫。ただし、遺族への接し方や通夜、葬儀でのNGワードについてはしっかり理解しておきましょう。

通夜と葬儀、告別式の違い

元々は、お通夜には親族や故人ととくに親しかった友人のみが集まり、その他の人は告別式(葬儀含む)に参列していました。現代では参列者の都合によって通夜か告別式のいずれかに参列するのが一般的。故人と親しかった場合は両方に参列します。
%e3%81%8a%e8%91%ac%e5%bc%8f

お通夜、葬儀、告別式の本来の意味合いは以下のとおりです。

通夜 – 親族や、故人ととくに親しかった人たちが集まり、遺体のそばで別れを惜しむ場。葬儀・告別式の前夜に行う。

葬儀 – 死者を葬り、あの世へと送る儀式。仏式、神式など宗教によって葬り方が異なり、祈祷や焼香などを行う。

告別式 – 故人とゆかりのあった人たちが集まり、最後の別れを告げる儀式。

最近では、葬儀と告別式は一緒に執り行うケースが多いです。参列者は、自身の都合に応じて通夜か告別式のどちらか、親しい場合は両方に参列するのが一般的となっています。

「お葬式」は、通夜から葬儀、告別式までのすべてを総称たものを指します。

通夜、葬儀での基本マナー

お通夜や葬儀では、遺族に負担をかけないようにするのがマナー。過剰な気遣いは避け、遺族側から通夜ぶるまいや精進落としの案内があれば応じます。「ひしひしと」など二重がさねのNGワードにも注意。日本は仏式が多いですが、キリスト教式では「ご愁傷さまでした」もNGです。
%e8%91%ac%e5%84%80%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%bc

通夜、葬儀では開始時刻の少し前までに到着するよう式場へ向かいます。受付でお悔やみ(「この度はご愁傷さまでした」)を述べ、持参した香典を渡しましょう。

式場に入ってからは悲しみの場であることをわきまえ、知人と顔を合わせても極力私語は控えるのが礼儀です。

遺族と顔を合わせた場合は、長々と励ましの言葉をかけようとせず、簡潔にお悔やみを述べる程度に。通夜や葬儀中は遺族は慌ただしいものですし、亡くなって間もない時期の悲しみは、当事者でない限りなかなか計り知れないもの。言葉が見つからない場合は、、無理に話さず黙って頭を下げる程度にしましょう。

地域にもよりますが、通夜では読経と焼香が終わったあと、「通夜ぶるまい」として軽食の席が設けられることがあります。これは故人を供養する儀式のひとつなので、遺族にすすめられたら辞退せず、少しでも箸をつけるのがマナー。あまり長居はせず、30分程度で辞去します。

葬儀では、焼香を済ませたら出棺を見送ります。やむを得ない理由で辞去する場合を除き、遺族が最期のお別れをして霊柩車が出るまで会場の外で静かに待つのがマナー。出棺を見送るときは合掌し、故人の冥福を祈ります。

基本的に火葬場まで同行するのは遺族と近親者のみですが、故人ととくに親しい間柄だった場合は遺族から同行や精進落とし(食事)の申し出があることも。

通夜、葬儀では言葉づかいにも注意。「重ね重ね」、「再び」、「ますます」のような繰り返しを意味する表現はNG。「死亡」など直接的な表現はせず「ご逝去」に言いかえましょう。また、お悔やみの言葉も宗教上不適切な言い方は避けます。「ご冥福をお祈りします」や、「成仏」、「供養」といった言葉は仏式のみ。キリスト教式の場合は「ご愁傷さまです」や「お悔やみを申し上げます」のようなあいさつもせず、「安らかなお眠りを申し上げます」と伝えましょう。

通夜、葬儀での焼香・お辞儀マナー

仏式葬儀での焼香マナー

%e7%84%bc%e9%a6%99

1.焼香台の数歩手前で遺族と僧侶に一礼。

2.焼香台の前へ進み、遺影に一礼。

3.右手の親指、人差し指、中指で抹香をつまむ。軽く頭を下げた状態で、つまんだ抹香を目の高さへささげる。

4.抹香を静かに香炉へ入れる。回数は葬儀の宗派によって1〜3回ですが、1回のみでも失礼にはあたりません。

5.遺影に向かって合掌。数歩下がって再度遺族と喪主に一礼し、席に戻るか、葬儀の流れによってはそのまま会場外へ退出します。

※焼香の作法や回数は、宗派によって若干異なります。実際のところはあまり違いにこだわる必要はなく、不安な場合は遺族や前の順番の人にならうようにすれば大丈夫です(参列者が多いときなどは「焼香は1回で済ませてください」と指示がある場合も)。
また、ほとんどの場合立ち焼香ですが、会場が狭い場合は読経中に会葬者に回される「回し焼香」も。基本の作法は立ち焼香と同様です。

神式葬儀(神葬祭)での拝礼マナー

%e7%8c%ae%e8%8a%b1

1.遺族と神官に一礼し、玉串を受け取る。玉串は右手で根本を上から、左手で葉を下から持つ。

2.祭壇の前へ行き、一礼。玉串を時計回りに回し、左手で根本、右手で花を持つよう持ちかえる。

3.さらに時計回りに回転させ、根本を祭壇へ向けて玉串案の上に置く。

4.正面を向いたまま一歩下がり、二礼・二拍手(音は立てない)・一礼を済ませる。

5.2〜3歩下がって遺族、神官に一礼し席に戻る。

キリスト教式葬儀での献花マナー

%e7%8e%89%e4%b8%b2

1.花を受け取ったら、花が右、茎が左になるよう両手で持ち、献花台の前へ進む。

2.一礼し、花を時計回りに回して根元側を祭壇へ向ける。

3.献花台の上に花を置き、黙祷(キリスト教の信者のみ十字を切る)。

4.遺族と牧師に一礼し、席に戻る。