お通夜や葬儀の香典袋に入れる金額相場とは

お通夜や葬儀での香典金額の相場について、表を用いて解説します。
不祝儀袋に入れる金額についての考え方の基本をおさえつつ、立場や故人との関係性に見合った金額を包むようにしましょう。

通夜・葬儀で香典に包む金額の基本

お通夜、葬儀での香典の金額ですが、相手との関係性や自分の年齢・立場などにより変わってきます。一家の大黒柱的な立場の人が亡くなられた場合は、少し多めに包むのが一般的。不幸をイメージさせる「4千(万)円」や「9千(万)円」はNGです。
%e9%a6%99%e5%85%b8%e3%81%ae%e9%87%91%e9%a1%8d1

お葬式の香典ですが、例えば故人が勤務先の人なのであれば、上司なのか部下なのかによって相場は変わります。親族の場合も近親者であればあるほど金額は多めに包むのが一般的。

また、亡くなった人が一家の家計を支える立場にあった人の場合は、多めに包む傾向にあります。

注意点としては、「死」や「苦」などの不幸を連想させてしまう「4」と「9」の数字がつく金額は避けるようにしましょう。

通夜や葬儀に出席できない場合は後日弔問する際に持参するか、お悔やみの手紙を同封した不祝儀袋を現金書留で送付しましょう。香典金額の相場については、お葬式に参列する場合もしない場合も同じです。

葬儀の香典、会社関係や知人・友人の金額相場

勤務先の人が亡くなった場合の香典ですが、故人が上司の場合はやや多めに包む傾向にあります。友人・知人の場合は、自分の年齢が20〜30代であれば5,000円程度、40代以上の場合は5,000円〜10,000円包むのが相場。※表の金額はあくまで目安です。通夜・葬儀に参列する親しい立場の人と相談して金額を決めてもいいでしょう。
20代(自分の年齢) 30代 40代 50代以上
会社の上司 5,000円 5,000円 10,000円 10,000円
会社の同僚・部下 3,000〜5,000円 5,000円 5,000〜10,000円 10,000円
友人・知人 5,000円 5,000円 5,000〜10,000円 10,000円
隣近所 3,000円 3,000円 5,000円 5,000円

葬儀の香典、親や親族関係の金額相場

親(義理の両親含む)、きょうだいなど故人が近親者であるほど香典の金額は多くなります。
20代(自分の年齢) 30代 40代 50代以上
祖父母 10,000円 10,000〜20,000円 30,000円
50,000〜100,000円 50,000〜100,000円 100,000円 100,000円
きょうだい 50,000円 50,000円 50,000〜100,000円 50,000〜100,000円
叔父・叔母 5,000〜10,000円 10,000円 10,000〜20,000円 20,000〜30,000円
その他親戚 3,000〜10,000円 10,000円 10,000円 20,000円

※両親の香典については、自分が喪主をつとめる場合香典は不要。ただし、すでに親元を離れていて喪主も別の人がつとめる場合は香典を用意するのが一般的です。