お食い初めの食器とは

お食い初め食器

お食い初めの食器は、伝統に倣う場合とそうではない場合で用意するものが異なります。正式なものを用意する場合は、男の子用と女の子用で色が違うので注意が必要。

このページでは、お食い初め用の食器について解説します。儀式的なものから、木製やプラスチック製の代用パターンまで、スタイルに応じた食器選びをしましょう。

本格的なお食い初めの食器は男の子用と女の子用で色が違う

お食い初めの食器は、漆器に白木箸、高足の御膳が正式。男の子が朱塗り、女の子は外側が黒塗りのものを用意します。
お食い初め食器男の子女の子

伝統を重んじた正式なお食い初めでは、食器は漆塗りのものを使います。さらに御膳は家紋入りの高足のもの、お箸は柳の白木箸というのが慣例です。

用意する漆器は、男の子か女の子かによって色が異なるので注意。男の子は内側も外側も朱塗り(赤色)、女の子は内側のみ朱塗りで外側は黒塗りになります。地方によっては色が逆の場合もあるので、食器を用意する前に親族に相談しましょう。

かつては母方の実家がお食い初めの食器を準備するという風習がありましたが、結納や嫁入り道具などの習わしとともに現代ではあまり意識されていません。

最近では木製や離乳食用の食器を使ったお食い初めも

お食い初めは実際に赤ちゃんに食べさせるわけでもなく、伝統に強いこだわりがない場合はプラスチックや陶器などの器で代用しても問題ありません。
お食い初め食器木製陶器

近年では伝統的な漆器にこだわらず、それぞれの家庭の好みでお食い初めの食器を選ぶケースが増えています。

離乳食用として使える、プラスチックや木製の食器も人気ですね。神社によっては、お宮参りのときにお食い初めセットが贈られることもあります(大阪の住吉大社ではプラスチック製の食器セットが貰えました)。

もちろんわざわざ専用のセットを購入せず、陶器の小鉢や普段使いのお椀を用いても問題ありません。一汁三菜を基本とした、お食い初めの献立に見合った食器を用意しましょう。