お食い初めの献立

お食い初め献立

お食い初めでは、縁起の良い意味を持つレシピで赤ちゃんの健康長寿を願います。

このページでは、お食い初めの一般的な献立と、それぞれのメニューの意味について解説します。赤ちゃんの幸せを願って、縁起の良い献立を準備しましょう。

お食い初めの正式な献立と意味

お食い初めの献立は、鯛、お吸い物、赤飯、煮物、香の物が一般的です。他にも梅干しやタコ(多幸)の酢の物など、おめでたい意味を持つ品を足しても良いでしょう。

鯛などの焼き魚

お食い初め献立鯛

「首尾一貫」という意味を込め、一匹丸ごとの”尾頭付き”の魚を用意します。赤い色や「めでたい」の語呂合わせから、お祝いの席では鯛を食すのが古くからの日本の風習です。福を呼ぶ恵比寿様が釣っているのも鯛ですね。魚は必ずしも鯛を用意する必要はありませんが、切り身ではなく一匹丸ごとの魚を購入するようにしましょう。

お吸い物

お食い初め献立お吸い物レシピ

お吸い物には、「吸う力が強くなるように」という願いがこめられています。初節句のひな祭りでは「生涯添い遂げる伴侶と出会えるように」という意味からハマグリの吸い物を作りますが、お食い初めのときもハマグリを用いてOK。ハマグリ以外にも、海老や里芋、筍、季節の野菜など、好みの具材を使って問題ありません。昆布だしにみりん、塩、薄口醤油などで味付けしましょう。

赤飯

お食い初め献立赤飯意味

白飯や栗ご飯でも大丈夫ですが、やはりおめでたい席には赤飯が定番。昔から魔除けや邪気を祓うとして信じられています。手作りで炊いてもスーパーで買ったものでもOKです。

煮物

お食い初め献立煮物レシピ

煮物には、縁起の良いとされる野菜や旬の食材を使います。「子宝に恵まれるように」という意味の里芋、「先を見通せる力がつくように」という意味のレンコン、「まっすぐすくすくと育つように」という意味の筍、亀の甲羅に見立てて六角形に切ることで「長生きできるように」という意味の椎茸などが代表例。一口大に切った野菜をラップに包み、レンジでチンしたあと、だしで味付けして煮ると失敗がなく美味しくできます。

香の物

お食い初め献立香の物意味

野菜の漬物や酢の物を用意します。おめでたい席では紅白なますが代表的。香の物とは別で、「しわしわになるまで長生きするように」という願いを込めて梅干しを添える家庭も多いです。