お食い初めの場所決めと「食べさせ役」について

お食い初め場所

お食い初めの場所をどう決めるか迷う家庭は、意外と少なくありません。赤ちゃんの生後100日を目安にお食い初めを行なうので、余裕を持って生後2ヶ月目ぐらいから、場所決めの相談を父母両方の実家に相談しましょう。

このページでは、一般的なお食い初めの場所について紹介。お食い初めの食べさせ役である「養い親」の考え方についても解説していますので、正式な意味を知った上で、楽しく赤ちゃんのお食い初めを祝いましょう。

お食い初めはどこでする?場所決めの候補について

お食い初めの場所についての風習は特に決まっておらず、母方・父方どちらかの実家で行うか、自宅に両親を招くケースが多いです。ホテルや料亭などで行なっても問題ありません。
お食い初め食べさせ役

お食い初めは、長寿にあやかる意味から「一族(身内)の年長者」が食べさせ役を担うという伝統があります。しかし、明確に”どこでお食い初めを行なうべき”ということが決まっているわけではありません。

そのため、母方の実家や父方の実家、もしくは自宅に祖父母たちを招くなど、パターンは様々です。最近では、お食い初めプランのある料亭やホテル、レストランなどの場所で行なう家庭もあります。

家庭によって実家との距離や、義父母との関係性があるかと思いますので、トラブルを生まないよう事前に相談を重ねておきましょう。もちろん「一族の最年長」を基準に場所を決めても良いですし、双方の祖父母を招くかたちでも良いでしょう。祖父母は招待せず、お父さん・お母さんだけでお食い初めを行なうケースもあります。

お食い初めはその場の「年長者」が食べさせるのが基本

お食い初めでは、身内の最年長の人が「養い親」になるのが伝統です。
お食い初め場所

前述のとおり、お食い初めは赤ちゃんの長生きを願う儀式でもあるので、その場にいる一番年上の人が「養い親」という食べさせ役を担います。また、赤ちゃんが男の子なら男性の年長者が、女の子なら女性の年長者が食べさせます。

「養い親」は、赤ちゃんを膝の上に乗せ、お食い初めの料理を食べさせる”まね”をしましょう。実際に食べさせる必要はありません。

現代では、あまり形式にこだわらず、家族全員が食べさせ役をするというケースも多いです。最初の一口目は年長者が行い、その後は交代で皆が食べさせるというのが、記念にもなって楽しめますね。