香典袋の種類と書き方

通夜や葬儀などの弔事に用いる香典袋。悲しい行事だからこそ、マナーにはより気を配る必要があります。葬儀の宗教に応じた香典袋の選び方や表書きの書き方など、遺族の方に失礼がないよう正しいルールを知っておきましょう。

弔事用香典袋の特徴

通夜やお葬式、法要などの弔事では、「結び切りの水引・のしなし」の香典袋を使うのが一般的。水引とは袋の中央のひも、のしとは祝儀袋の右上につく飾りのことです。
%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b1

葬儀や法要では、黒白や銀の水引の袋を使います。弔事は二度とないことを願うことから、ほどけることのない「結び切り」の水引をあしらうのが特徴。お祝い用の祝儀袋と違いのしはつきません。

こういった弔事の香典や供物料で使う袋のことを、不祝儀袋または香典袋と言います。仏式では通夜、葬儀、一周忌や三回忌などの法事・法要ではすべて黒白の水引のものを使うのが一般的です。

宗教によって違う香典袋の種類と表書き

仏式、神式、キリスト教式など、故人や葬儀の宗教によって香典袋の種類や表書きが異なります。

■仏式の香典袋
白無地の包みに、水引は黒白もしくは双銀の結び切りの香典袋を用います。白無地ではなく、蓮の絵柄が入った袋も仏式の場合使用可能。通夜やお葬式の香典の場合、表書きは「御霊前」「御香料」「御香典」のいずれかにします。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b1

法要に招かれたときの供物料も、同じタイプの不祝儀袋を使用します。表書きは「御仏前」「御香料」「御供物料」とします。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b9

■神式の香典袋
白無地の包みに、水引は双銀もしくは双白、黒白の結び切りの香典袋を用います。表書きは「玉串料」や「御榊料」「御霊前」とします。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b11

■キリスト教式の香典袋
白無地封筒、もしくは十字架やゆりの花などが印刷された袋を用います。表書きは「お花料」や「献花料」。カトリックの場合は「御ミサ料」も使います。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b10

香典袋の表書きの書き方

表書きは筆もしくは筆ペンを使い、氏名をフルネームで書きましょう。あまり力強く書かずに、「御霊前」などの名目よりも控え目で。

市販されている多くの香典袋には、あらかじめ上段の名目(御霊前、御香料など)が印刷されています。そのため、表書きは下段に氏名のみ記入するのが一般的。上段を記入する場合は、宗教に応じた文言を書きましょう。

ボールペンは使わず毛筆か筆ペンを用い、氏名をフルネームで書きます。上段の名目よりも、氏名はやや小さめを意識して書きましょう。悲しみの気持ちを表すため、表書きは薄墨を使うという風習が弔事にはありますが、現代はあまり意識する人は多くありません。通常の濃さの墨や筆ペンでも問題はないでしょう。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b3

夫婦連名の場合は、夫フルネームの左隣に妻の名を記入しましょう。会社の同僚など複数での連名は3名まで可能。右側から、立場が上の人の名前から順に記入します。4名以上の連名は、代表者氏名の左側に「外一同」と書き、全員の名前を書いた白紙を袋の中に入れておきます。

香典袋の中包み(中袋)の書き方

中袋の表側には香典の金額を、裏側左下に自分の氏名と住所を記入します。中袋に関してはボールペンで記入してもマナー違反にはなりません。

中袋の表側に書く金額は、「一」や「三」のような漢数字ではなく、改ざんを防ぐ意味で「壱」や「参」のような大字を用いるのが一般的です。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b4
漢数字
大字

「えん」に関しては「円」が一般的。「仟」は「阡」でも可。「五」と「伍」もどちらでも問題ありません。円のあとに「也」は不要です。

裏側には住所と氏名を左下に記入します。枠が印刷されているのもは、枠内に記入。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b2

香典袋の場合、中袋に関してはボールペンを使用してもOK。また、のり付けは不要です。

お札の入れ方と香典袋のとじ方

香典袋に入れるお札の向きまで気を配っておけば、より礼儀正しいです。また、慶事と弔事で袋のとじ方が違うので要注意。

お札の向きですが、紙幣の裏側(人物の肖像がない方)が正面にくるよう入れるのが基本。最低限お札の向きは全て揃えるよう気をつけましょう。また、マナー違反ではないですが、新札は避けるのがベター。綺麗なお札は、縦に一度折ってから入れるといいでしょう。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b5

お金を包んだあとの香典袋裏側のとじ方にも注意が必要。必ず上側が覆いかぶさるように重ねて水引をかけます。逆だとお祝い事の重ね方になってしまうので要注意。

%e9%a6%99%e5%85%b8%e8%a2%8b8

「喜びは上向き(慶事)」、「悲しみは下向き(弔事)に頭を垂れる」と覚えましょう。