こどもの日の菖蒲湯の由来と入浴方法

こどもの日菖蒲湯

こどもの日と言えばこいのぼりや兜飾りなどで子供の健康を願いますが、菖蒲(しょうぶ)湯もそのひとつ。現在でも5月5日に銭湯に行くと、湯船に菖蒲を浮かべていることが多いです。

このページでは、端午の節句で菖蒲を用いる由来と意味、菖蒲湯の効能などについて紹介します。赤ちゃんを菖蒲湯に入れるときの注意点なども解説していますので、家庭で菖蒲湯を作る場合の参考にどうぞ。

こどもの日に菖蒲湯に入る意味、由来とは

菖蒲湯には、健康長寿を願うという意味があります。菖蒲湯に入る風習は春秋戦国時代の中国が発祥とされており、のちに日本の宮中へ伝わり、江戸時代ごろから一般庶民へと根づきました。
菖蒲の意味由来

5月5日の端午の節句と菖蒲には、深い繋がりがあります。もともと端午の節句は中国から日本へと伝わった文化で、古代中国の人たちが長寿や健康を願って菖蒲を用いていました。端午の節句のような季節の変わり目は、現在でも体調を崩しやすいものですが、昔は今以上に病気で亡くなる人が多かったと言われています。そんな中、菖蒲湯や菖蒲酒などで健康を祈願していたわけですね。

端午の節句の風習は、奈良時代〜平安時代ごろに日本に伝わったとされています。戦国時代の宮廷では、5月4日に菖蒲の枕を用い、5月5日にその枕を解いて湯に浮かべたという手記が残されています。

一般庶民が端午の節句に菖蒲湯を楽しむようになったのは江戸時代から。やがて「菖蒲」は、武を尊ぶ「尚武(しょうぶ)」や「勝負」という意味でも捉えられるようになり、端午の節句は”男子の健康と立身出世を願う日”となったのです。

菖蒲湯の入浴方法、赤ちゃんが入っても大丈夫?

菖蒲湯は、スーパーや八百屋で買った菖蒲を浮かべるだけです。子供の頭に鉢巻のように巻くと願掛け効果が強まると言われています。赤ちゃんを入れる場合は、菖蒲の葉先が肌に刺さらないよう注意。
菖蒲湯赤ちゃん

菖蒲にはアサロンやオイゲノールといった精油成分が多く含まれており、腰痛や神経痛を和らげる効能があると言われています。また、菖蒲が放つ香りにはリラクゼーション効果があり、アロマセラピーとしても楽しめます。

4月下旬ごろの、端午の節句が近い時期になるとスーパーにも並びます。家庭で菖蒲湯を楽しむ場合は、そのまま浮かべたり、束ねて入れたりしましょう。浴槽に入りきらない場合は切って入れても問題ありません。

初節句で赤ちゃんを菖蒲湯に入れる場合は、肌を傷めないよう注意。菖蒲の葉は硬いので、デリケートな赤ちゃんの肌にチクチク当たってしまうと痛がります。特に産まれて間もない赤ちゃんの場合肌を傷つけてしまう可能性もあるので、生後3ヶ月前後の赤ちゃんを無理に入れる必要はないでしょう。

ちなみに菖蒲湯は、鉢巻のように菖蒲を赤ちゃんの頭に巻いて入ると健康長寿の効果が強まるという言い伝えがあります。あくまで縁起担ぎですが、こどもの日の恒例行事として家庭で取り入れてみるのも楽しそうですね。