こどもの日に相応しい縁起の良い食べ物とは

こどもの日食べ物

端午の節句は子供の成長を願う、子を持つ家庭にとって大切な日。縁起の良い料理で楽しくお祝いしたいですよね。

このページでは、柏餅やちまきなどの由来を解説するとともに、こどもの日の食卓に相応しい縁起の良い食べ物を紹介します。子供の喜ぶメニューも良いですが、せっかくなのでここで挙げているような、端午の節句らしい一品を用意するのもオススメです。

端午の節句に柏餅やちまきを食べる意味とは

柏餅は江戸時代ごろから、ちまきは平安時代から日本に根づいた端午の節句を代表する食べ物です。
こどもの日柏餅ちまき意味

こどもの日を祝う縁起の良い食べ物として最も代表的なのが柏餅とちまき。柏餅は主に関東地方で、ちまきは関西地方でそれぞれ定着しています。

まず柏餅ですが、こちらは”柏の葉”に縁起が良いとされる理由があります。柏の葉には「新しい芽(子)が出るまで古い葉(親)が落ちない」という特徴があり、このことから「子孫が途絶えず長く続く」と捉えられてきました。昔から日本では神事に用いられ、江戸時代ごろから端午の節句に柏餅を食べる風習が根付いたと言われています。

ちまきの歴史はさらに古く、春秋戦国時代の中国(日本では弥生時代)にまでさかのぼります。この時代の楚という国に、政治家であり詩人の屈原(くつげん)という英雄がいました。その屈原が5月5日に川で入水自殺したらしいのですが、そのときに彼の遺体を魚が傷つけないよう、民衆たちは魚に米を食べさせるため笹の葉で包んだ米を川に投げ入れました。この言い伝えを起源に「厄除け」の効果があるとして、中国では5月5日の端午の節句に笹の葉で包んだ米を食べるようになり、この風習が平安時代に日本へと伝わったのです。

日本では米を笹ではなくチガヤという葉に巻いていたことから、”ちまき”と呼ばれるようになりました。伝統を重んじる京都文化の影響が濃い関西地方では、現在でもこちらの風習が根強く残っているわけですね。

こどもの日のお祝いにオススメの食べ物

端午の節句では、ブリやカツオ、たけのこなどの食べ物が好まれる傾向があります。他にもちらし寿司や鯛を使った料理など、縁起の良いものを一品用意するのがオススメです。
端午の節句食べ物

柏餅やちまき以外では、出世魚の”ブリ”が端午の節句で縁起が良いとされる食べ物です。こいのぼりと同じく「子供の健やかな成長」を願う意味がこめられています。他には「勝男」と読むことができる”カツオ”のたたきや、まっすぐ大きく伸びることから”たけのこ”ご飯も縁起が良いです。

また、端午の節句と直接の繋がりはないものの、普段から縁起の良い食べ物として有名な鯛めしやちらし寿司のような料理を作る家庭も多いです。

もちろん”こどもの日”なので、風習に固執せず子供が喜ぶ食べ物を用意して、楽しくお祝いするのも良いのではないでしょうか。