こどもの日に飾るこいのぼりの由来と意味

こどもの日こいのぼり由来

こどもの日に上げられるこいのぼりには、それぞれの鯉やすだれ、回転球にそれぞれ意味が込められています。また、なぜ多くの生き物の中で「鯉」が上げられるのかにも由来があるのです。

このページを参考に、こいのぼりの意味や役割を子供たちに聞かせてあげるのも端午の節句の楽しみとしてオススメです。

こどもの日に飾るこいのぼりの由来

こいのぼりは江戸時代に広まりました。中国の「登竜門」の伝説にちなみ、立身出世を願うシンボルとして鯉が描かれるようになったのです。
端午の節句こいのぼり意味

こいのぼりの風習が始まったのは江戸時代の中ごろから。かつての「端午の節句」は、徳川将軍が男子の成長を祝う日でした。将軍家では、5月5日に幟(のぼり)を立ててお祝いしていましたが、それが武家社会へ、そして裕福層の庶民へと徐々に広まっていったのです。

武家で飾られていたのぼりは、家紋などが描かれた類のもので、鯉は描かれていませんでした。しかし、裕福だけど身分の低い商人たちは、武士に対抗して、現代にも見られる5色の”吹き流し”を飾るようになります。さらに、その吹き流しに鯉の絵を描くようになりました。これが、こいのぼりへと派生していくのです。

なぜ商人たちが”鯉”を描いたのかというと、中国の伝説に着想を得たからです。現在でも、何かを達成する前に立ちはだかる難関として「登竜門」という言葉を耳したことがある人は多いかと思います。登竜門は、黄河の急流にある”竜門”と呼ばれる滝を、多くの魚のなかから鯉だけが登りきり、その鯉が竜になったという中国の伝記から生まれた言葉です。

竜へと変身した「鯉の滝登り」は、立身出世の象徴として日本でも信じられ、息子の出世を願う江戸時代の商人たちが端午の節句ののぼりに描くようになったのです。

真鯉に緋鯉、こいのぼりの飾りの意味とは

こいのぼりは、真鯉をお父さん、緋鯉をお母さん、青やオレンジの鯉を子供たちに見立て、家族が幸せに過ごせるよう願いをこめて上げられます。ポールに取り付けられた回転球や、すだれのような吹き流しにもそれぞれ意味があります。
こいのぼり種類や意味由来

もともとは黒い真鯉(まごい)のみだったこいのぼりですが、明治時代からは赤い緋鯉(ひごい)が加わり、昭和に入ってから青い子鯉が添えられるようになりました。

真鯉が父親、緋鯉が母親、子鯉が子供として、家族を表しています。5色のカラフルな吹き流しは、中国の五行説にならった厄除け布の役割を。そして竿の先端についた回転球や矢車は、子供を守る神様を宿すための目印と言われています。

現代ではオレンジやピンク、緑といった子鯉も普及し、家族全員分の鯉を上げる家庭もありますね。また、マンションが増えた近年では、ベランダにも飾れるミニサイズのこいのぼりも売られています。

子供の立身出世を願い、家族の厄災を払うこいのぼり。子供がいる家庭なら、小さいものでも端午の節句に飾りたいですね。