端午の節句(こどもの日)の兜の意味や飾る時期について

端午の節句兜の意味

端午の節句ではリビングや玄関に、鎧兜や五月人形を飾るのが昔からの風習です。しかし、これらの鎧兜や五月人形をなぜ飾るのか、いざ子供に聞かれても答えが浮かばない親御さんも少なくありません。

このページでは、こどもの日に鎧兜を飾る意味と由来、飾る時期などについて解説します。端午の節句についての理解を深め、子供の成長をお祝いしましょう。

端午の節句で鎧兜や五月人形を飾る意味

鎧兜や五月人形をこどもの日に飾るのは、厄災から子供の”身を守る”ためです。鎧や兜をたてまつる風習は鎌倉時代の武家社会からあり、江戸時代に庶民へと普及しました。
五月人形を飾る時期

兜や鎧を飾る風習は武家社会から生まれました。武士にとって兜や鎧は身を守る大切な道具。かつては神社へお参りするときに、兜や鎧を奉納するしきたりがあったと言われています。

江戸時代には、兜や鎧は男子の”身を守る象徴”として、端午の節句を祝う際に飾られるようになりました。やがてその風習は庶民にも広がりますが、町人たちは本物の鎧兜ではなくレプリカ(装飾用)を飾り、それが現代へと伝わったわけです。

また、江戸時代中期には人形に願いを込めるという風習も根付いたため、鎧兜だけでなく五月人形が飾られるようにもなりました。現在では、兜単体のものから、鎧や弓矢、太刀がすべてセットになった五月人形など、様々なバリエーションが普及しています。可愛らしい武者人形や、健康のシンボルである金太郎人形なども人気ですね。

鎧兜や五月人形を飾る時期やしまう時期

端午の節句の飾り物は、こどもの日の一ヶ月前あたりの時期に出す家庭が多いです。飾る場所や保管場所は湿気に注意し、風通しの良い場所に置きましょう。
端午の節句兜の意味

五月人形を飾る時期は明確に決っているわけではありませんが、3月初旬頃から4月中旬頃に飾るのが一般的です。しまう時期に関しても、ひな人形のように”早く片付けなければ婚期が遅れる”といった迷信はありません。5月5日以降の、早いタイミングで片付けましょう。

ただし、湿気には要注意。人形や鎧兜は湿気に弱いので、保管場所はできる限り湿気の少ない場所を選びましょう。箱に除湿剤を入れておくのもオススメです。飾る場所に関しても、風通しのよい直射日光の当たらない場所が理想的です。

鎧兜、五月人形はお下がりOK?

父親やお兄ちゃんの五月人形、鎧兜のお下がりは使ってはいけないという説もありますが、現在ではそれぞれの家庭の考えた方次第というのが実際のところです。
端午の節句兜のお下がり

子供の厄災を引き受けるひな人形同様、五月人形に関してもお下がりNGで、子供一人につき1セット用意すべきという意見もあります。しかし、諸説あるので定かではありません。

実際のところ人形業界の売上などの理由も少なからず絡んでいると思われるので、あまり形式にとらわれず、家庭の状況に応じた飾り物が用意できればいいのではないでしょうか。

また、五月人形や鎧兜、こいのぼりは母方の実家が購入すべきという風習もありましたが、これも”嫁入り道具”を準備していた時代のものです。結納や嫁入り道具の伝統が薄れた現代においては、意識している家庭は多くありません。

フルセットの五月人形もお手製の紙兜も、子の健康を願う気持ちがあれば効果は同じです。5月5日の端午の節句は、親として目一杯子供の健やかな成長をお祝いしたいですね。