こどもの日の由来とは?子供向けにも話せるよう解説

こどもの日由来

”男の子の日”として知られるこどもの日ですが、意外とその由来は知られていません。なぜ男の子なのか、なぜ5月5日なのか、家庭や保育園で子供にたずねられても答えられない大人の人も少なくないのではないでしょうか?

このページでは、こどもの日の由来について解説します。端午の節句の起源とともに、兜や五月人形、こいのぼりを飾る理由や柏餅とちまきのルーツについても解説します。

こどもの日(端午の節句)の起源

こどもの日は日本の5節句のひとつ。古代中国から伝わりましたが、現在では”子供の成長を願い、子が親を感謝する日”として日本の祝日にも制定されています。
端午の節句由来

こどもの日は”端午の節句”とも言われています。端午の節句はひな祭りや七夕と同じく、日本の5節句のうちのひとつですが、元々は中国で発祥した文化です。

5月に限らず月の初めの”午(うま)”の日を意味していた端午ですが、古代中国では5月5日を特別な端午として、邪気を払う儀式を行っていました。この風習が日本へと伝わり、奈良時代には菖蒲(しょうぶ)やよもぎで厄除けを行うようになったのです。

1948年に正式に日本の祝日に制定。祝日法2条では”こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する”とされています。

つまりこどもの日を簡単にまとめると、「中国から日本に入ってきたお祭りで、親は子供が元気に育つことを祈り、子供はお母さんに感謝する日」ということですね。

鎧兜や鯉のぼりを飾る理由

端午の節句は菖蒲(しょうぶ)が、尚武や勝負といった語呂合わせを経て男の子のすこやかな成長を願う日になりました。やがて立身出世を願うために鎧兜や五月人形を飾り、江戸時代からはこいのぼりを掲げるようになったのです。
鎧兜こいのぼり由来

中国から日本へと伝わった端午の節句ですが、儀式に用いていた菖蒲が、やがてを重んじる「尚武(しょうぶ)」や「勝負」という意味で解釈されるようになりました。

このことからいつしか5月5日は菖蒲湯で身を清め、鎧や兜を飾って男子の立身出世を願う”男の子の日”となったのです。

「こいのぼり」のルーツは江戸時代にさかのぼります。徳川幕府の将軍家では、端午の節句に”のぼり”を立てて子供の成長を祝っていました。その風習が武家へと伝わり、やがて庶民へと広がります。

また、町人たちはのぼりに「鯉」を描いていました。これは、中国の言い伝えにある”鯉の滝登り”から来ており、鯉は立身出世を象徴する生き物とされていたからです。こうして鯉を描いたのぼりは「こいのぼり」として現在へと伝わり、こどもの日に掲げられるようになったのです。

こどもの日に柏餅やちまきを食べる由来

ちまきは古代中国の時代から、柏餅は日本で江戸時代から端午の節句で食べる習わしが根づきました。地域にもよりますが、現在では柏餅もちまきも縁起の良い食べ物としてこどもの日に食べられています。
柏餅ちまき由来

こどもの日に食べるちまきは、端午の節句の起源である中国の伝説に由来しています。春秋戦国時代の詩人であり英雄の屈原(くつげん)が5月5日に川で入水自殺してしまうのですが、魚がその屈原の亡骸を食らって傷つけないよう、ササの葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが始まりとされています。この屈原の伝説にちなんで、中国でも日本でも端午の節句ではちまきを食べるようになったのです。

柏餅を食べる風習は日本で生まれました。柏の木は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、”子孫が続く縁起の良い木”として、江戸時代ごろから柏餅を食べる風習が根付いたと言われています。