結婚式スピーチを友人代表として行うときのポイント

新郎新婦から結婚式の友人代表スピーチを頼まれたら、断ることなく引き受けるのが基本的なマナー。このページでは、披露宴でのスピーチを成功させるポイントについて解説します。

祝辞から締めの言葉までの流れを理解し、形式的な部分とオリジナリティが必要な部分を紹介。ポイントを押さえ、新郎新婦や招待客を感動させる友人代表スピーチを行いましょう!

披露宴での友人代表スピーチの流れ

祝辞、自己紹介、エピソード、はなむけ、締めの言葉といったように、挙式スピーチの大まかな流れは決まっています。まずは形式的で問題のない部分を例として挙げるので押さえておきましょう。

結婚披露宴では、主賓として行うスピーチも友人代表スピーチも基本的な流れは同じです。スピーチ全体の時間は3分を目安に。文字数にすると1200字前後です。

①祝辞

②自己紹介

③エピソード

④励まし・はなむけの言葉

⑤結びの言葉

このうち、「①祝辞」と「②自己紹介」、「⑤結びの言葉」についてはある程度形式的なもので問題ありません。

結婚式スピーチ祝辞の言葉例

「安則さん、恵利サン、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様にも心よりお祝い申し上げます。本日はこのような晴れやかな席にお招きいただき、ありがとうございます。」

結婚式スピーチ自己紹介例

「ただいまご紹介いただきました花村と申します。新婦(新郎)とは大学時代、同じテニスサークルに所属していました。」

結婚式スピーチ結びの言葉例

「これからはおふたりで力を合わせ、素敵な家庭を築いていってください。簡潔ではございますが、これを持ちまして私の祝辞とさせていただきます。本日は本当におめでとうございます!」

形式的とは言え、最初の祝辞の言葉は自分の緊張を吹き飛ばす意味でも堂々と元気よく述べましょう。そして終わりよければすべてよしという言葉通り、締めの言葉をビシっと決めることで全体的に素晴らしいスピーチだったと印象に残ります。

「②自己紹介」では、新郎新婦との関係性を交えて簡単に説明しましょう。

そして、友人代表スピーチで最も重要な部分が「③エピソード」と「④はなむけの言葉」です。

結婚式スピーチで友人代表として感動させる最大のポイント

友人代表スピーチでは、エピソードは最も重要な部分。新郎や新婦の魅力が伝わるような心温まるエピソードを用意しましょう。また、話の内容も大事ですが、形式にこだわらず心からの想いを伝えるのがスピーチで感動を呼ぶポイントです。

新郎新婦とのエピソードは、友人代表スピーチ全体を通してメインとなる部分です。なぜ自分が友人代表としてスピーチをお願いされたのかを考え、自分の立場ならではのエピソードをピックアップしましょう。

たとえば新婦側のスピーチを任されているなら、新郎本人や新郎側の招待客が知らない一面を紹介するつもりで、新婦の魅力が伝わるエピソードを選びます。出会ったときの印象や友人になりたいと思ったきっかけ、自分だけが聞いている新郎への思いなどが代表例ですね。当然ですが過去の異性関係や笑えない暴露話はタブーです。

そしてエピソード自体も確かに重要ですが、結局のところ感動的なスピーチになるかどうかは”本気の想い”を伝えているかどうかです。

披露宴のスピーチでは、「別れる」「終わる」といった忌み言葉や、再婚をイメージさせる「たびたび」「いよいよ」のような重ね言葉を避けるのが基本。もちろんそういったマナーを守ることも大切ですが、丁寧であることにこだわるあまり、全てが形式的になってしまっては友人として前に立つ意味が薄れてしまいます。

アナウンサーのような完璧なスピーチではなく、声が震えても、涙が溢れても、心からの思いを伝えるのが感動を与えるスピーチです。事前にスピーチ内容を考えることや練習することは大事ですが、失敗を恐れる必要はありません。

エピソードに続くはなむけの言葉に関しても、偉人の名言や使い慣れない慣用句を用いるより、自分なりの言葉でエールを贈るのが理想です。

「サンテグジュペリは言いました。”愛する、それはお互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向をみやること”であると。」

よりも

「恵利、これからも変わらない関係でいてね!」

のほうが心に響くことは明らかですよね?
結婚式の友人代表スピーチを成功させるには、最初の祝辞や自己紹介、締めの言葉のような形式的な部分はしっかりと述べ、エピソードとはなむけの言葉は自分だからこそ語れる思いを伝えるようにしましょう。