結婚式で新郎新婦が行うウェルカムスピーチの構成と例文

結婚式の始まりには、招待客へ感謝の気持ちを込めてウェルカムスピーチを行います。新郎、あるいは新郎新婦ふたりで行うこのスピーチですが、披露宴の冒頭ということもあって緊張してしまいがちです。

事前にウェルカムスピーチの要点や挨拶文の一般例を把握しておき、ゲストが楽しいひとときを過ごせるような始まりの挨拶を行いましょう。

結婚式ウェルカムスピーチの目安時間と構成

披露宴の始めの挨拶として行うウェルカムスピーチは、あまり長々と話さず1〜2分程度にまとめます。ゲストへの感謝の気持ちと挙式の報告、披露宴の趣旨説明を中心に構成しましょう。ウェルカムスピーチ中に入籍報告や妊娠報告などを行ってもOKです。

ウェルカムスピーチの要点は、「①招待客へのお礼」「②挙式を無事終えた報告」「③披露宴の趣旨説明」の3点です。

①招待客へのお礼挨拶例

「本日はお忙しいところ、私たちの結婚披露宴にご出席いただき誠にありがとうございます。」

②挙式を無事終えた報告例

「先ほど◯◯にて、無事に式を挙げることができました。これもひとえに皆様のおかげです。」

③披露宴の趣旨説明例

「本日は日頃お世話になっている皆様と楽しい時間を過ごしたいと思い、ささやかですが私達なりのおもてなしをご用意いたしました。短い時間ではございますが、お楽しみいただけましたら幸いでございます。」

これらに構成に加え、当日の天候を交えたり、新婦が妊娠している場合はその旨の報告なども行います。

■雨天の場合のスピーチ

「本日はお足もとが悪い中、私たちふたりのためにお運びいただき誠にありがとうございます。」

■ウェルカムスピーチでの妊娠報告

「この場をお借りしまして皆様にもう一つご報告したいことがございます。すでにご存知の方もいらっしゃることと思いますが、先日新しい命を授かりました。来年には家族3人で、夫婦力を合わせ明るい家庭を築いていきたいと思います。」

披露宴のウェルカムスピーチはこれらの要点を押さえ簡潔に、1〜2分程度でまとめるようにしましょう。

新郎新婦のウェルカムスピーチ例文

結婚式ウェルカムスピーチの例文を紹介します。アットホームな披露宴ならもう少しくだけた表現を使うなどして、招待客が気軽に楽しめるような挨拶を行いましょう。

一般的なウェルカムスピーチの例文は以下のとおりです。

「本日はお忙しい中、私たちふたりのためにお集まりいただき誠にありがとうございます。

先ほど皆様に見守られながら無事に式を挙げることができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。

本日は日ごろお世話になっている皆様へ感謝の気持ちを込め、楽しい披露宴にできるよう夫婦二人で準備をしてまいりました。美味しいお料理と飲み物もふんだんに用意しておりますので、お楽しみいただけると幸いです。

それではお開きまでどうぞお付き合いください。よろしくお願いいたします。」

また、新郎と新婦ともにウェルカムスピーチを行う場合は、交互に進行していくとスムーズです。

「(新郎)本日はお忙しい中、私たちふたりのためにお集まりいただき誠にありがとうございます。

先ほど皆様に見守られながら無事に式を挙げることができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。

(新婦)本日は、たくさんの方々にご出席いただき、本当にありがとうございます。

日頃の感謝の気持ちを込め、ささやかですが私達なりのおもてなしをご用意いたしました。短い時間ではございますが、お楽しみいただけましたら幸いでございます。

(新郎)それではお開きまでどうぞお付き合いください。よろしくお願いいたします。」