結婚式のスピーチで気をつけるべき忌み言葉

結婚披露宴のスピーチで気をつけたいのが忌み言葉。感動のスピーチも、NGワードひとつで台無しになりかねません。

ただしひと口に忌み言葉と言っても、絶対アウトなものからグレーなものまでさまざまです。忌み言葉に注意するあまり、面白味のない形式ばったスピーチになってしまうのも残念な話。

このページでは忌み言葉の代表例や、NG表現の言い換え方について解説。基本的な考え方さえ押さえておけば、結婚式のスピーチで大失敗することはありません。

結婚式のスピーチで避けるべき忌み言葉の代表例

忌み言葉の基本的な考え方は、「結婚式に相応しくない不吉な言葉」を避けるということ。死ぬ、別れるなど直接的なNG表現はもちろん、「たびたび」などの重ね言葉にも注意しましょう。

まず何より注意すべき忌み言葉は、結婚式に相応しくない”不幸や不吉、別離を意味する”ワードです。たとえ友人中心の結婚式だとしても、以下のような言葉はNG。

死ぬ、離婚、別れる、嫌う、悲しむ、病む

上記のような直接的な表現をスピーチに入れることはさすがにないと思いますが、間接的にも不幸を連想させる言葉は忌み言葉となるので注意が必要。

切れる、捨てる、敗れる、流れる、割れる、壊れる、冷める、飽きる、散る、憂う、無くす、忙しい(「心」を「亡」くすと書くため)

「切れる」や「割れる」などは悪気なく使ってしまいそうになるので気をつけたいところ。また、結婚式は人生で二度繰り返すべきではない儀式なので、同じことを繰り返す重ね言葉もNGとなります。

またまた、たびたび、かえすがえす、重ね重ね、重々、くれぐれも、いろいろ、ひしひしと、皆々様、いよいよ、わざわざ、しばしば

気を抜くとついつい言ってしまいそうな重ね言葉。あまりに意識しすぎて言葉が詰まってしまうのも本末転倒ですが、避けるべきであることは念頭に置いてスピーチを行いましょう。ちなみに線引きが難しいところですが、「益々」や「日々」、「ドキドキ」など、縁起の悪さを感じさせない重ね言葉は問題なしという考え方もあります。

その他にも、「ぶっちゃけ」や「ウザい」「ヤバい」などもお祝いの席では相応しくないですね。

結婚式「忌み言葉」の言い換え例

結婚式のスピーチで使ってしまいがちなNG表現や、披露宴で使う言葉の言い換え例を紹介します。正しい言葉づかいでミスのないスピーチを完成させましょう。

代表的な忌み言葉の言い換えはある程度パターンが決まっています。

死ぬ→ご逝去(せいきょ)する
別れる→新たな道を進む
終わる→お開き
壊れる→形が変わる
最後に→結びに

スピーチでよく使う表現は以下のように言い換えましょう。

頑固→意志が強い
頼りない→控えめ
職場を離れる→家庭に入る
子供ができる→新しい命を授かる
若い(「未熟」という意味を含むためNG)→美しい、綺麗

挙式・披露宴でよく使う表現は以下のとおり。

ケーキを切る→ケーキにナイフを入れる
料理が冷めないうちに→料理が温かいうちに
花びらが散る→花びらが舞う
新たなスタートを切る→スタートラインに立つ
終わる→お開き

さいごに重ね言葉の言い換えを紹介します。

またまた→あらためて
たびたび→よく
かえすがえす→本当に
重ね重ね→深く
重々、くれぐれも→どうぞ、よく
いろいろ→多彩な
ひしひしと→しっかりと
いよいよ→ついに
しばしば→いつも