神前式お呼ばれゲストの服装マナー

神前式の服装

神前式では花婿は五つ紋付羽織袴、花嫁は白無垢などの和装に身を包みます。では、列席者の場合はどうなのか?結婚式の雰囲気に合わせて和装にすべきか、洋装でも問題ないのか迷うところですよね

このページでは、神前式にお呼ばれされたときの服装について解説。女性か男性かによっても適した衣装が変わりますので、自分の立場に応じたおめかしをしましょう。

神前式での女性列席者の服装

女性ゲストの場合、神前式では和装、洋装どちらを選んでもOK。ただし、友人招待客の場合は両親や親族よりも派手にならないよう注意。訪問着や色無地などの着物なら問題ないですね。
神前式服装女性

まず、母親の服装ですが、格式は新郎新婦と同格になるようにしましょう。和装であれば五つ紋付黒留袖を、洋装ならイブニングドレス(昼)やアフタヌーンドレス(夜)を着ます。

祖母や叔母、姉妹などの親族は、新郎新婦や両親よりもやや控え目な衣装になるよう心がけます。和装を着ても洋装を着てもOK。和装の場合、既婚の場合は黒留袖や色留袖、未婚女性は振袖を着ます。準礼装の訪問着は、既婚・未婚問わず着ることができる訪問着も、招待客の和装として一般的です。

友人や会社関係のゲストの場合も、和装、洋装どちらを着ても問題ありません。和装の場合は既婚・未婚問わず訪問着や色無地を選ぶのが基本です。訪問着は華やかな印象を与えたいときにオススメ。逆に色無地は地味な印象になりますが、落ち着いた日本女性らしい雰囲気が出る着物です。

洋装の場合は、チャペルウェディングなどと同じく”白色”を極力避け、アフタヌーンドレスなどの結婚式らしい装いを。注意点としては、神前式の場合靴を脱いで神殿に上がるため、素足は厳禁です。基本マナーですが、ストッキングの着用を忘れないようにしましょう。

神前式での男性列席者の服装

和のイメージが強い神前式であっても、男性ゲストは洋装が一般的。兄弟や友人は、ブラックスーツが主流です。
神前式服装男性

男性の場合、和装を着るのは新郎の父親か媒酌人のみというのが基本です。父親の和装は紋付羽織袴、洋装は燕尾服やモーニング(昼)となります。

親族・兄弟の場合も洋装が一般的で、ブラックスーツなどの服装を選びます。

友人・会社関係のゲストの場合もやはりブラックスーツがベター。濃紺やダークグレーのダークスーツを着る場合は、ビジネススーツという印象を与えないよう、白やシルバーの慶事用ネクタイを着用しましょう。また、胸ポケットに白のチーフを挿すことで華を添えます。