結婚式の二次会にふさわしい服装とは?

結婚式の二次会から参加する場合、どの程度ドレスアップするべきなのか誰もが悩むところ。しかし、基本的なマナーさえ理解しておけば、二次会のファッションはそこまで迷う必要はありません。
この記事では、結婚式二次会で最低限おさえておくポイントと、男女それぞれの一般的なコーディネートについて解説します。

結婚式二次会ファッションの基本的な服装マナー

結婚式の二次会は、会場やコンセプトによってふさわしい服装が変わってきます。場違いにならないために守るべき基本的なマナーとして、「新郎新婦よりも目立たない」ことと「カジュアルすぎない」ことの2つをおさえておきましょう。
%e4%ba%8c%e6%ac%a1%e4%bc%9a1

明らかにフォーマルな結婚披露宴と違い、二次会はコンセプトによって格式はさまざま。会場も結婚式場と同じホテルど行われる場合もあれば、居酒屋やバーで行うケースもあります。

結婚披露宴に参加してそのまま二次会に行くならともかく、二次会から参加する場合は服装選びに迷うところです。

招待状などに記載された会場や会費から二次会の格式をある程度予想して、それに合わせてコーディネートできれま問題ないですが、少ない情報では判断しきれないことも多いです。

しかし、結婚式の二次会ファッションでは、2つの基本的なマナーさえ守っておけば大恥をかくことはありません。

それは、「新郎新婦よりも目立たない」ことと「カジュアルにしすぎない」ということです。

結婚式の主役はあくまで新郎新婦なので、その2人よりも着飾らないのは当然のルール。また、たとえ居酒屋で開催されるとしても、あくまで結婚式の二次会なのであって単なる飲み会ではありません。

披露宴からの参加者がある程度ドレスアップしていることからも、Tシャツやジーンズ、サンダルがふさわしくないことは明らかです。

・新郎新婦よりも目立たない

・カジュアルにし過ぎない

この2つの基本マナーを念頭に置いた上で、結婚式二次会の服装を考えていきましょう。

女性はワンピースやボレロが定番、”白”は結婚式二次会でもNG

会費5000円前後の、カフェで行われるようなセミフォーマルな二次会であっても、案外女性はみんなドレスアップするのが実際のところ。基本的にはシルクやレースなどの素材を使った、いわゆる”よそいき”のワンピースやボレロのコーディネートが一般的。ただし居酒屋などで行われるカジュアルな二次会の場合は、あまりドレスアップしすぎずに、ジャケットを羽織ったり無地のシャツなどのコーディネートが無難です。また、フォーマル・カジュアル問わず結婚式の二次会で白を中心とした服装はNG。
%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e7%b3%bb%e3%83%89%e3%83%ac%e3%82%b9%ef%bc%8b%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%ab

結婚披露宴でもよく見られるファッションですが、女性の場合はやはりワンピースやボレロが定番です。特に二次会から参加の場合は、よほどフォーマルな会場でもない限りわざわざパーティドレスを用意しなくても大丈夫。

無地で、シルクなどの素材を使ったワンピースであれば、どんな格式の二次会でも対応できるでしょう。

普段着以上のワンピースがない場合は、セットアップスーツでもOK。ただしリクルートスーツのような雰囲気のものは避けましょう。

最大の注意点としては、新婦のドレスとかぶる可能性の高い「白色」のファッションは絶対にNG。もし新婦のドレスが白ではなかったとしても、基本的に結婚式のゲストが白色を着るのはご法度です。

靴もサンダルやミュールではなく、ヒールのあるパンプスがふさわしいです。バッグは小ぶりのパーティバッグがあればOK。

男性は二次会でもスーツが無難、ネクタイで差別化も

結婚式の二次会がどんな格式であれ、男性の場合スーツを着ておけば場違いということにはなりません。仕事用のスーツでも問題ありませんが、フォーマルなネクタイやポケットチーフでビジネス感から脱却しましょう。カジュアルなコンセプトの二次会であれば、ジャケパンやシャツスタイルでもOKです。
%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%95

男性の場合は、二次会の格好に迷った場合はスーツを着ておけばまず失敗はありません。レストランやカフェバーなどの、比較的カジュアルな二次会であればジャケパンスタイルもOKです。

カジュアルな雰囲気が予想される二次会では、必ずしもジャケットを着用する必要はありませんが、トップスは襟付きのシャツを着用するのが無難です。

普段仕事で着用しているビジネススーツを着ていく場合は、「仕事帰り感」が出ないようネクタイに工夫を。いかにも仕事で巻くようなストライプ柄ネクタイではなく、光沢感のある無地のネクタイやリングタイなど、ネクタイを変えるだけで充分ドレスアップできます。

手持ちのネクタイにフォーマル仕様のものがないなら、胸ポケットに白のチーフを挿すだけでも断然雰囲気が違います。