結婚式に相応しい男性招待客の服装やスーツマナー

知人や友人の結婚式に、招待客として出席する場合の服装マナーについて解説します。結婚式の服装マナーの大前提は「主役である新郎新婦より目立ってはいけない」ということです。その上で、招待客が着るスーツとして相応しい色や柄、革靴やネクタイの選び方を知っておきましょう。

結婚式の服装には正礼装と準礼装、略礼装(平服)がある

結婚式には正礼装や準礼装、略礼装といった種類の礼服があります。格式や立場、時間帯によって服装を決めますが、知人や友人の結婚式に出席する場合の服装は略礼装であるスーツを着るのが一般的です。

正礼装とは、モーニングや燕尾服、羽織袴のことを指し、一般的には新郎や両家の父親の装いです。

招待客は、ディレクターズスーツ(昼)やタキシード(夜)の準礼装が最も格調高いものとされており、親族や主賓クラスの場合はこららが相応しいです。

友人や知人として結婚式に出席する場合は、一段格式を落としたブラックスーツか、略礼装であるダークスーツを着ます。招待状に「平服でお越しください。」と書かれていた場合の「平服」とは、略礼装のことを言います。

現代の結婚式では、男性招待客の多くはダークスーツに身を包んでいますね。

結婚式で着るダークスーツは濃紺やダークグレーの無地が無難

ダークスーツとは、その名のとおり「暗めの色」のスーツのことです。明るい青やライトグレーは避け、濃紺やダークグレー、チャコールグレーのスーツを選ぶのがマナーです。

結婚式の大原則は、「主役である新郎新婦より目立たない」です。あくまで列席者は脇役ということですね。そのため、明るいスーツで目立ってしまうのは失礼にあたります。特に、シルバーに近いライトグレーは、新郎が使用する可能性が高い色なので注意しましょう。

%e7%b5%90%e5%a9%9a%e5%bc%8f%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84

 

グレー系のスーツの場合、極力黒に近いチャコールグレーやダークグレーを選ぶのが無難です。

%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84

同じくネイビー系のスーツの場合も、濃紺や鉄紺を選ぶのが本来の礼節とされています。

ただし、絶対的に黒に近づけなければマナー違反となるわけではありません。明るすぎるものは避けるべきですが、あまり神経質になりすぎず、新郎新婦との関係性や式の雰囲気に合わせて適した色を選びましょう。

%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84

柄に関しては、派手なピンストライプやチェック柄は避けましょう。無地が最も無難ですが、遠目からは単色に見える織り柄ストライプなどは許容範囲内です。

%e7%b9%94%e3%82%8a%e6%9f%84

ワイシャツの色は白、襟の形はレギュラーかワイドが無難

結婚式の場合、ワイシャツの色は白一択です。襟の形はレギュラーカラーかワイドスプレッドが無難で、ボタンダウンカラーは避けましょう。

結婚式のスーツは、ワイシャツは白を選ぶのがマナーです。襟の形は「レギュラーカラー」でもいいですが、角度の開いた「ワイドスプレッドカラー」を選ぶと、ジャケットのボタンを閉じたときのVゾーンが綺麗に見えるのでおすすめです。

襟の先端をボタンで留める「ボタンダウンカラー」ですが、これは元々ポロというスポーツで、ノーネクタイでも襟を崩さないことを目的に作られたものです。スーツ量販店でも多く取り扱われており、一見お洒落に見えますが、フォーマルな場には相応しくないので避けましょう。

結婚式用のネクタイは光沢のあるものがおすすめ、アニマル柄は避ける

結婚式のスーツに合わせるネクタイは、ドレス度の高い光沢のあるものがおすすめです。フォーマルシーンに相応しくないアニマル柄やキャラクター物は避けるようにしましょう。

ひと昔前は、結婚式で巻くネクタイは白もしくはシルバーが相応しいとされてきました。現在でもその2色が最も結婚式向けであることには変わりませんが、ダークスーツの上下に白のワイシャツ、白のネクタイではあまりに味気なくなってしまいます。

「主役である新郎新婦より目立たない」のが前提ルールとは言いましたが、「ドレス度の高い装いで新郎新婦の晴れ舞台に華を添える」というのも招待客としての大切な役割です。

全身の中で、占める面積の広いスーツやワイシャツの色柄を変えると派手になりすぎてしまいます。よって、男性の場合はネクタイの素材や色でドレス感を高め、式を彩りましょう。

光沢のあるネイビーなどがおすすめですね。柄はドット柄や無地のものがいいでしょう。

%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%84-%e3%83%89%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%bf%e3%82%a4

普段仕事で巻いているようなネクタイは、ビジネススーツと見分けがつかなくなってしまうので好ましくありません。特にレジメンタルストライプ柄は、英国では軍隊の所属を表す意味なども込められているので、フォーマルには不向きです。

%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%97%e3%83%8d%e3%82%af%e3%82%bf%e3%82%a4

また、結婚式では、喪服のイメージが強い黒ネクタイや殺生を連想させるアニマル柄はNGです。カジュアルライクなキャラクターものもおすすめできません。

結婚式で履く革靴は必ず黒色で!内羽根ストレートチップが最もフォーマル

革靴には内羽根や外羽根、ストレートチップやウィングチップなど形状によって様々な種類があります。結婚式のようなフォーマルな場に最も相応しいのは、黒色の内羽根ストレートチップです。

結婚式の革靴は、必ず黒色を選びましょう。茶色の革靴はビジネスシーンで見かける機会はかなり増えてきましたが、本来はカジュアル用なので結婚式には適していません。

また、革靴には「内羽根」と「外羽根」があります。靴紐周辺の部分がフラットなものが内羽根、立体的ものが外羽根です。

フォーマルな場には、内羽根の革靴で臨みましょう。王室での使用をルーツに持つ内羽根靴がフォーマル、戦場の騎馬兵が履いていたものをルーツに持つ外羽根がカジュアルという考え方があるからです。

そして、革靴の装飾によってフォーマル度が変わります。つま先部分に一文字の縫い目が入った「ストレートチップ」が、最も格式高いものとされています。

%e5%86%85%e7%be%bd%e6%a0%b9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%83%e3%83%97

「結婚式は絶対に内羽根ストレートチップじゃなければいけない!」というわけでは決してありませんが、あまりに装飾的なものは避けましょう。メダリオンと呼ばれる穴飾りが入った靴は、カントリーが起源なのでカジュアル向けのものとなります。

%e3%83%a1%e3%83%80%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%b3

また、クロコダイル型押しや、スエードも殺生をイメージするため結婚式ではNGとされています。

実際のところ、こうした靴の細かいルールまで意識している人はそこまで多くありません。あまり固く考えすぎず、「黒で装飾が強すぎない革靴ならOK」と考えるのもいいかと思います。

ベルトも結婚式では必ず黒を選ぶ、靴下は長いものがおすすめ

結婚式のスーツに合わせるベルトや靴下も、革靴と同じく黒を選びましょう。また、靴下に関しては素足の見えないロングホーズタイプがおすすめです。

ベルトの色は、革靴と同じ色にするのがスーツを着こなす上での基本です。よって、黒の革靴を履く結婚式では、自ずとベルトも黒色を選ぶことになります。カジュアル感の強いメッシュタイプやブランドロゴを強調したものではなく、オーソドックスなものを選びましょう。

靴下は、スラックスの色もしくは革靴の色に合わせるのが一般的です。スラックスの色に合わせた靴下を履くと、足長の視覚効果を得ることができます。

また、イスに座ったときに靴下とズボンの隙間から素足が見えないよう、ロングホーズの靴下を選ぶのがおすすめです。ふくらはぎあたりまでの長さがある靴下が、ロングホーズです。

スラックスの裾はシングル、ジャケットはシングルでもダブルでも可

スーツの裾は、シングルがフォーマルで、ダブルはビジネス向けです。ジャケットに関してはダブル、シングルどちらでも問題ありません。

スーツのスラックスは、裾を折り返したダブルの仕様と、折り返しを施していないシングルの仕様があります。元々「泥除け」を意味するダブルは、ビジネスで着るスーツのときの仕様。泥のない室内のフォーマルなパーティでは、シングルのズボンを履きましょう。

ジャケットは、ダブルブレストの方が格式は高いですが、シングルでも問題ありません。むしろ、結婚式ではほとんどの招待客はシングルスーツですね、

ベストを合わせたスリーピーススタイルは、より結婚式に相応しい

結婚式のスーツは、ジャケットとスラックスのみのセットアップでも全く問題ありませんが、ベストを合わせたスリーピーススタイルにするとよりフォーマルな装いになります。

スリーピースが結婚式に相応しい理由ですが、ジャケット・ベスト・ズボンによる「三つ揃い」というものが本来の正式なスーツの装いとして伝えられているからです。同じ布を使って作られた、ダークカラーのスリーピーススーツが一着あればあらゆる社交場で通用します。

%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9

また、手持ちのセットアップスーツに、別売りのベストを組み合わせても問題ありません。特にグレーのベストは汎用性が高く、黒や紺のスーツと組み合わせるととてもお洒落になります。逆にグレーのスーツには、黒のベストを合わせるのがおすすめです。

日本でのスリーピース着用人口は少なく、結婚式の装いも多くの人はセットアップスーツというのが実情です。より格式高く紳士的な着こなしを目指すのであれば、スリーピーススタイルにトライしてみましょう。

胸ポケットにチーフを挿すことで、より華やかでフォーマルに

ポケットチーフを挿すか挿さないかで、見た目の印象や全体の雰囲気は大きく変わります。普段の仕事ではなかなか挿す機会のないポケットチーフですが、結婚式のような華やかな場所では積極的に取り入れましょう。

ネクタイの色とポケットチーフは、スーツの印象に絶妙の華やかさを持たせる大きなポイントです。この2点さえ押さえておけば、結婚式で「仕事帰りのサラリーマン」のような印象を抱かれてしまうことはまずないでしょう。

%e3%83%9d%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%95

ポケットチーフの色は白を選ぶのがベターです。もしくは、ネクタイの色に合わせるのもお洒落ですね。生地は、リネン(麻)がフォーマルに相応しいです。光沢のあるシルク(絹)でも問題ありません。

折り方としては、華やかなスクエアやスリーピークスがフォーマル向けです。少しカジュアルなものだとパフドスタイルというものもあります。もう少し地味なのものがいいのであれば、ビジネス向けですがTVフォールドなどがいいでしょう。

結婚式でのスーツの着こなし、ボタンの留め方など

スーツのボタンは、立っているときは留め、座っているときは外すのが本来の着こなしです。

結婚式のような場所では、スーツ本来の正しい着こなしをするのがマナーです。結婚式場や披露宴会場で、ジャケットの前ボタンを全て開けた状態であるくのはあまり格好のいいものではありません。立っている状態のときは、ボタンをしめるようにしましょう。

留め方ですが、2つボタンのジャケットの場合は、上のボタンひとつだけを留めましょう。3つボタンのジャケットは真ん中のみ留めます。これはマナーというより、100年近く前に確立された、スーツを着こなす上でのルールのようなものです。

椅子に座っている場合、ボタンを留めていると見た目にも窮屈ですし、ジャケットも傷みます。着席している場合はボタンは外しておきましょう。

また、本来「ワイシャツ=下着」という考え方があるため、ジャケットを脱いでワイシャツ姿で歩くことは、下着姿で歩き回ることと同じ意味になります。日常生活ではそんなことを意識する必要ありませんが、伝統を重んじる結婚式のようなフォーマルシーンでは気をつけましょう。ちなみに、ベストを着ている場合はジャケットを脱いでも問題ありません。