結婚祝いや出産祝いのお返しマナーとは?内祝いの相場や渡す時期について

結婚祝い出産祝いお返し

結婚祝いや出産祝いを頂いたら、お返しとして内祝いを贈るのが一般的です。内祝いには、金額の相場や贈るタイミングについてマナーがあるため、一般常識として守っておきたいところ。

このページでは、結婚祝い・出産祝いのお返しマナーや金額相場、内祝いを渡す時期について解説します。

内祝いとは?

おめでたいことのお裾分けというのが内祝いの本来の意味ですが、現代では結婚祝いや出産祝いのお返しが内祝いという考えが定着しています。
結婚祝い出産祝いお返し

内祝とは、本来おめでたいことのあった家庭が、その幸せを記念して親しい人へ贈り物をすること。そのため、厳密には「結婚祝いや出産祝いのお返し = 内祝い」ではありません。しかし、実際のところお祝いを頂いた”お礼のしるし”として内祝いを贈るのが一般的なので、「お返し = 内祝い」という考え方が定着しています。

結婚祝いの場合、基本的に披露宴に招待した人は料理や引き出物がお返しとなるため、別途お返しの品物を用意する必要はありません。披露宴に招待しなかった職場の上司や友人などから結婚祝いを頂いた場合は、後日お返しのしるしとして内祝いを贈ります。

出産祝いに関しては、頂いた人全員に対してお返しの内祝いを贈るのが原則です。

内祝いの相場

結婚祝いや出産祝いの内祝いは、頂戴した金額の半額程度の品物を贈るのが一般的です。
内祝い相場

結婚祝いや出産祝いなどで頂いた祝儀や贈り物へは、「半返し」がマナーとされています。”半額程度のギフト”を選ぶということですね。

必ずしもきっちり半額にしなければいけないというわけではなく、高額の場合は3分の1程度に留めても失礼には当たりません。例えば3万円の祝儀や品物をもらった場合は、1万円〜1万5千円程度のお返しをするのが相場です。

職場などで複数の人がお金を出しあってお祝いを貰った場合は、半額程度のお菓子詰め合わせを用意するか、新婚旅行のお土産をお返しとするのも良いでしょう。

結婚祝いや出産祝いのお返しを渡す時期

内祝いのタイミングは、結婚祝いも出産祝いも1ヶ月以内が一般的です。貰ってすぐにお返しするよりも、1〜2週間空けるのが理想ですね。
内祝い時期タイミング

結婚祝いのお返しは、挙式から1ヶ月以内というのが基本。結婚式を挙げない場合は、お祝いを貰った日から一ヶ月以内に内祝いを用意するようにしましょう。

出産祝いの場合は、赤ちゃんが生まれてから生後1ヶ月前後が一般的。ただし、産後は慌ただしくなるため、多少遅くなっても理解していただけるかと思います。それでも2ヶ月以内には贈るのが理想ですね。

「お返し = 内祝い」という考えが根付いてしまっている以上、結婚祝いも出産祝いもすぐお返しを渡してしまうと”貰うことを予測していた”と捉えられる可能性も。すぐに内祝いを用意できたとしても、頂いてから1〜2週間空けて内祝いを贈るのが無難かと思われます。