結婚祝いや内祝いの「のし」とは?書き方や選び方を解説

結婚祝いのし

結婚祝いや内祝いのプレゼントには、のし紙をつけるのがマナー。のし紙については、普段から使用する機会がない分疑問も多いかと思います。

このページでは、のしの意味や、結婚祝いでののしの書き方や選び方について解説。「仲の良い友人への結婚祝いにものしは必要なのか?」「旧姓で通す職場への内祝いは差出人はどうすべき?」といった疑問を解決しましょう。

結婚祝い・内祝いの「のし」とは?

のしには、「長寿」や「喜びが延びる」という意味があります。結婚祝いや内祝いなどのプレゼントでは、縁起物としてのし紙をつけるのがマナーです。

のし(熨斗)とは、「のしあわび(熨斗鮑)」の略。かつてお祝いごとの贈り物には、長寿を意味する縁起物のあわびを添えていました。本物のあわびから薄く伸ばしたものに変わり、和紙で折ったものへと変化しました。

現在では、結婚祝いのプレゼントを包む「のし紙」やご祝儀の「のし袋」として簡略化されています。

祝儀袋のし

のしあわびの「のし」は”伸し・延し”という意味合いも含まれています。長寿の他にも「喜びが延びる」という思いも込められていることから、慶事の贈り物にのしを用いるのがマナーです。

気心の知れた友人への結婚祝いには必要ないのではないかと思うかもしれませんが、夫婦ふたりへの贈り物であることを考えるとつけるのが好ましいでしょう。

ただし、慶事でも品物が海産物など生もののときは、のしあわびと意味が重なってしまうので用いないとされています。その場合は、のしのない水引のみの紙を使用しましょう。

結婚内祝いに使う「のし」の種類

結婚祝いや内祝いののしは、「結び切り」か「あわじ結び」の水引を選ぶのがマナーです。
結婚祝いのし

慶事では、「のし」と「水引(結び紐)」が印刷されたのし紙を使用しますが、気をつけたいのが水引の種類。

結婚の祝いお祝いでは、簡単にほどけない「結び切り」もしくは「あわじ結び(あわび結び)」の形を選びます。これには、”結婚を二度と繰り返さない”や”生涯結ばれる”という意味が込められています。

のし蝶々結び

簡単にほどけ、何度でも繰り返したい「蝶々結び」の水引は、出産祝いなどの贈り物で使用しましょう。結婚祝いではマナー違反となります。

また、お祝いごとの水引は、紅白や金銀の色を使います。

のしの書き方

結婚祝いのお返しや内祝いでプレゼントを贈るときののしの書き方は、差出人を新姓にするのがポイントです。
結婚祝いお返し内祝い書き方

百貨店などでプレゼントを買った場合は、のしの表書きは店員さんが書いてくれることがほとんど。ただし、差出人の名前は自分で申し出る必要があるので、正しい書き方を把握しておきましょう。

まず、水引より上側には「寿」や「御祝」とします。内祝い場合は、「寿」か「内祝」と書きましょう。

水引より下側の部分には差出人名を書きます。内祝の場合は「新姓のみ」か、「新姓と夫婦の名」を書きましょう。旧姓を名乗る職場への内祝いでも、のしの差出人は新姓を書くのがマナーです。

店員さんではなく自分で書く場合、毛筆か筆ペンで書くようにするのもお祝いごとのルールなので知っておきましょう。