結婚祝いメッセージの書き方と例文

結婚祝いのメッセージ1

仲の良い友人はさておき、上司や目上の人へ向けた結婚祝いのメッセージは案外悩むもの。お祝いの文書には最低限守るべきマナーもあります。

このページでは、招待状の返事やメッセージカードに書く、結婚祝いメッセージの書き方について解説します。例文も紹介しているので、結婚祝いのメッセージを書くときの参考にどうぞ。

結婚式祝いのメッセージを書くときのマナー

結婚祝いのメッセージのようなお祝いの文章では、黒や紺のインクで句読点を打たずに書くのが基本的なマナー。縁起の悪い忌み言葉や重ね言葉を避けるのもポイントです。
結婚祝いのメッセージ3

結婚祝いのメッセージを書くときに守るべきマナーは大きく分けて3つ。上司や先輩など目上の人に宛てる際はもちろん、友人へのメッセージの場合も忌み言葉や句読点には最低限注意しましょう。

①黒、もしくは濃紺の色を使う

お祝いのメッセージでは、黒やネイビーのインクを用いるのが正式。カジュアルなメッセージカードの場合はボールペンでも問題ありませんが、目上の人に対して書く場合は毛筆や筆ペン、万年筆を用いるのが理想です。もちろん新郎新婦が気心が知れた友人なのであれば、カラフルにデコレーションしても良いのではないでしょうか。

②祝いのメッセージでは句読点を使わない

結婚式の招待状などもそうですが、お祝いの文章では”区切り”を意味する句読点を打ちません。「、」や「。」などを書かないよう注意しましょう。

③忌み言葉を避ける

「死ぬ、別れる、離れる、壊れる、切れる」といった、お祝いごとに相応しくない言葉を”忌み言葉”といいます。

「突然の報告に嬉しくて死にそう!!」

のように、良い意味で使う比喩表現だとしても、できれば避けるようにしましょう。また、結婚は二度繰り返すべきことではないので、再婚をイメージさせる「ますます」や「たびたび」のような重ね言葉もマナー違反となります。

結婚式祝いのメッセージ例文

友人や上司など、相手に応じた結婚祝いのメッセージ定型文を紹介します。例文を参考に、自分なりのお祝いの気持ちを付け加えましょう。
結婚祝いのメッセージ2

友人への結婚祝いメッセージ

結婚おめでとう!末永くお幸せに!
Happy Wedding!明るく素敵な家庭を築いてね
ご結婚おめでとうございます ◯◯ちゃんと◯◯さんならきっと素敵な家庭になるんだろうね。末永くお幸せに!

同僚への結婚祝いメッセージ

ご結婚おめでとうございます 末永くお幸せにね!
ご結婚おめでとうございます お二人の末永い健康とご多幸を祈っています
ご結婚おめでとうございます! 落ち着いたら皆でご飯食べに行きましょう

先輩・上司への結婚祝いメッセージ

ご結婚おめでとうございます 心よりお祝い申し上げます お二人の末永い健康とご多幸をお祈りいたします
ご結婚おめでとうございます
お二人の門出を祝し 心よりお祝い申し上げます
ご結婚 お慶び申し上げます
お二人の人生最良の門出を心からお喜び申し上げます

後輩・部下への結婚祝いメッセージ

ご結婚おめでとう
末永いお幸せとご活躍をお祈りします
ご結婚おめでとうございます 二人で明るく素敵な家庭を築いて下さい
結婚おめでとう!
お二人の人生最良の門出を 心からお喜び申し上げます
末永くお幸せに!