結婚内祝いに添えるお礼状の書き方と文例

結婚内祝いお礼状文例

結婚祝いをいただいたらお返しのしるしとして内祝いの品を贈りますが、お礼状を添えるのが正しいマナーです。友人や仲の良い親戚ならともかく、職場の上司などはお礼状の文章もフォーマルにしておきたいところ。

このページでは、結婚内祝いに添えるお礼状の書き方や文例について紹介します。夫婦の品格をアピールするためにも、マナーをおさえた正しい文章でお礼状をしたためましょう。

結婚内祝いお礼状の書き方

結婚内祝いに同封するお礼状は、フォーマルな便箋に縦書きで記すのがマナー。筆ペンを用い、忌み言葉に注意して書きましょう。目上の人に宛てる場合は、文章の構成も意識します。
結婚内祝いお礼状書き方

まずお礼状に使う便箋ですが。目上の人のものは、白無地か罫線が入ったものを使いましょう。また、あらたまった文章では、横書きよりも縦書きのほうが好ましいです。ボールペンで書くのは極力避け、筆ペンや毛筆を用いましょう。

結婚式の招待状などでは”区切り”を意味する句読点は打ちませんが、お礼状に関しては絶対的なマナーではありません。ただし、「終わる」「切れる」のような縁起の悪い言い回しや、「またまた」などの重ね言葉は避けた方が無難でしょう。

仲の良い親族や友人であれば率直に感謝の気持ちを伝えれば良いと思いますが、職場の上司など目上の人のお礼状へは、文章の構成も意識しましょう。

【結婚内祝いお礼状の構成】
頭語(拝啓、謹啓など)、時候の挨拶→お礼→今後のお付き合いのお願い→結びの挨拶、結語(敬具、敬白など)→日付・住所・名前→宛名

時候の挨拶は、「桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 (春)」などのようにするか、「○○の候」のようにしても良いです。「○○の候」には月に応じて、厳寒(1月)、向春(2月)、早春(3月)、陽春(4月)、新緑(5月)、初夏(6月)、盛夏(7月)、晩夏(8月)、初秋(9月)、錦秋(10月)、晩秋(11月)、師走(12月)を入れましょう。

結婚内祝いお礼状の文例

結婚内祝いお礼状のテンプレートを紹介します。職場関係やかしこまった関係の親戚などは、このようなフォーマルな文章を基本としましょう。
結婚内祝いお礼状文例

謹啓

新緑の候、○○様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます。

このたびは私どもの結婚に際し、結構なお祝いの品をいただき誠にありがとうございました。

ささやかではございますが内祝のしるしに心ばかりの品をお贈りいたします。お納めいただけますと幸いに存じます

ようやく引越しも落ち着き、新しい生活にも慣れ始めたところです。

今後はふたり力を合わせて穏やかで温かい家庭を築いていく所存です。

未熟な二人ではございますが、今後ともよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

敬白

平成○年5月21日

〒162-0855
東京都新宿区二十騎町1-17-8
宮川 庄一・明菜

砂川 信一様