結婚式招待状の宛名の書き方

結婚式の招待状は、もらう方も嬉しいものです。披露宴に招く人が最初に目にする宛名の部分は間違いがないようにしたいところ。

手書きでも印刷でも、基本マナーや連名の場合の書き方など、必要最低限のルールは押さえておきましょう。

結婚式招待状の宛名の書き方基本ルール

結婚式の招待状は、毛筆や筆ペンを用いて濃い文字で書きます。住所は宛名よりも小さく書き、表と裏の縦書き・横書きを統一しましょう。招待状の宛名に関しては手書きで書くケースが多いですが、近年では印刷する人も増えています。

招待状のようなかしこまった書状の場合、毛筆を用いて書くのが一般的です。慶事ごとである結婚式の招待状は、濃く太く書くのが縁起が良いとされています。

毛筆がない場合は、筆ペンを使っても問題ありません。ボールペンはマナー上好ましくないので、本来であれば避けるべきです。

結婚式の招待状は、中身の案内状は印字したものを入れますが、宛名に関しては心を込める意味で手書きする新郎新婦が多いです。文字の綺麗、汚いはともかく、やはりお祝い事である招待状は手書きの宛名のほうが貰うほうも嬉しい気持ちになるというもの。ただし、招待客の人数が多い場合などは宛名書きの作業だけで非常に労力がかかってしまいます。ゲストの数や関係性を踏まえながら、印刷にするか手書きにするかを決めましょう。

印刷にしても手書きにしても、住所は宛名よりも小さめに書くのが基本ルールです。また、宛名を縦書きの場合は裏面の差出人名も縦書きで、横書きの場合は横書きで合わせるようにしましょう。

敬称は基本的には「様」を用いますが、恩師などの場合は「先生」としても問題ありません。お子様の場合は「くん」や「ちゃん」でも大丈夫です。

家族連名の場合の招待状宛名パターン

夫婦連名の結婚式招待状の宛名は、奥様に面識がある場合は二人の名前を、面識がない場合は「令夫人」や「御奥様」とするのが一般的です。3名以上の家族連名の場合は「御家族様」を用いましょう。

夫婦連名で宛て名を書く場合、ご主人の名前を先に書き、左隣(横書きの場合は下)に奥様の名前を書きます。敬称は二人とも「様」です。

奥様に面識がない場合は、「令夫人」や「御奥様」「奥様」と書きましょう。

3人家族に連名で宛名を書く場合は、3名とも名前を記入するか、「御家族様」という書き方を用いましょう。

4人以上の家族の場合は、全員分書くのではなく「御家族様」とするのが一般的です。ご主人、令夫人、御家族様という書き方をしましょう。