結婚式の主賓挨拶や乾杯スピーチの頼み方

主賓乾杯スピーチ頼み方

結婚式の主賓挨拶や乾杯のスピーチは、披露宴の招待客の中で最も大きな役割です。そのため、誰に頼むかや、頼み方についてのポイントを事前に把握しておくのが、披露宴の準備を円滑に進めるためのポイントとなります。

このページでは、主賓や乾杯スピーチの人選や、頼み方のマナーについて解説。結婚式の日取りが決まったら、早めにこれらの準備を済ませるようにしましょう。

主賓挨拶や乾杯スピーチは誰に頼む?

主賓スピーチや乾杯の挨拶は、職場の上司や恩師など、目上の人に頼むのが主流。新郎側、新婦側それぞれ1名ずつお願いするのが一般的です。
主賓乾杯挨拶誰に頼む

主賓の挨拶は、招待客のなかでも社会的地位の高い人に依頼するのが一般的。職場の上司や恩師など、目上の人に頼みましょう。職場関係は呼ばず、友人関係が中心の結婚式の場合は、新郎新婦をよく知る先輩や、親族にお願いするケースもあります。

乾杯の挨拶は、主賓に次いで格の高い位置づけの人という考え方になります。主賓スピーチと同じく、社会的地位の高い人や職場の上司、目上の人へ依頼しましょう。ただし、主賓スピーチを新郎職場関係にするなら、乾杯スピーチは別の関係性の人にお願いするのがポイント。両方とも同じ関係性の人に依頼すると、披露宴の方向性が凝り固まってしまう恐れがありますし、他の招待客が疎外感を抱いてしまう可能性もあります。

現在では、新郎側、新婦側からそれぞれ1名ずつ選ぶのが最も無難です。新郎の職場上司や恩師・先輩などが主賓スピーチを、そして新婦の上司・恩師・先輩などが乾杯スピーチを務めるケースが多いですね。

主賓挨拶と乾杯スピーチの頼み方

主賓や乾杯挨拶の頼み方としては、できるだけ直接会ってお願いするのが基本です。引き受けていただけたら、招待状に付箋を同封して改めて依頼しましょう。スピーチの持ち時間や段取りなど、結婚式当日までのフォローも欠かさず行います。
主賓乾杯挨拶頼み方

主賓や乾杯のスピーチは、披露宴の中でも重要な役割であり、引き受ける側もプレッシャーや労力がかかります。そのため、お願いするときはいくつかのマナーを抑えて失礼のないようにしましょう。

基本的には、結婚の報告と挨拶を兼ねて直接お願いをします。相手側にも準備があるので、結婚式の日取りが決まったらできるだけ早く、遅くても2ヶ月前までにはお願いにあがりましょう。結婚の報告と式の日時、そして主賓としての挨拶をお願いしたい旨を伝えます。遠方など、直接会うのが難しい場合は手紙や電話で依頼しても良いでしょう。

大勢の人の前で喋るのが苦手な人の場合など、スピーチを断られる場合も当然あります。依頼される側の気持ちも考え、決して無理強いはせず、断られた場合は他の人を当たりましょう。また、即答で引き受けてもらえない場合は、招待状の発送前ごろを期日とし、おおよそいつぐらいまでに返事を貰えたら助かるかを伝えておきます。

主賓スピーチと乾杯挨拶を担う人が決定したら、その人たちへは招待状で改めてお願いをします。

「誠に恐れ入りますが 当日披露宴にてお祝いの言葉を頂戴したく存じます 何卒宜しくお願い致します。」
「誠に恐縮でございますが 当日は乾杯のご発声をお願いしたいと思いますので 何卒よろしくお願い申し上げます」

これらのような内容を記した付箋を招待状に同封し、正式に依頼しましょう。また、当日までにスピーチの持ち時間や、出番のタイミング、会場での立ち位置などの詳細を伝えておきます。できる限り、スピーチがしやすくなるようフォローするのも礼儀ですね。