結婚式の席次、席順の決め方

結婚式の招待状が返ってきてある程度の出欠がわかれば、席次表の作成に取りかかります。披露宴の席順は、円卓であれ長テーブルであれ「上座」と「下座」があり、それぞれ主賓や家族の席次を決めていきます。

この記事では、結婚式の席順の決め方と、円卓・長テーブル披露宴の序列を解説します。招待客に失礼のない割り振りで、正確な席次表を作成しましょう。

結婚式席次表の基本的な決め方

結婚式の席順は上座から割り振るのが基本です。招待客の関係をグループごとに分け、目上の人を高砂席の近くに、先輩、友人、家族の順に席次表を作りましょう。
結婚式席順

披露宴会場では、新郎新婦が座るメインテーブル(高砂)に近い席ほど「上座」、出入り口に近い席ほど「下座」というのが共通の考え方です。また、高砂を正面に見て、左側に新郎の招待客、右側に新婦の招待客というがルールとなります。

席次表の席順は、上座から順番に決めていくとスムーズ。メインテーブルの目の前の主賓席、続いて会社の上司や、学生時代の恩師など目上の人から席次を割り振っていきましょう。

続いて先輩や年上の年上の同僚・友人、学生時代の友人や地元の友人、親族、家族の順となります。両親は最も外側の末席というのが一般的。しかし近年では考え方も自由になり、感謝の気持ちを伝えたい両親を高砂前の席に座らせるというケースもあります。

円卓を使用した結婚式の席順

披露宴で最も主流なのが円卓の「ちらし型」。招待客の人数によってテーブル数は変わりますが、高砂席に近い前列中央が上座、後列外側が下座となります。
結婚式席順円卓

丸テーブルを並べる「ちらし形」は、現在の披露宴の最も一般的な配置方法です。あまり序列を感じさせないことも特徴ですが、前列が上座、後列が下座となります。

テーブル単位でも序列があり、新郎新婦に近い位置ほど上座です。家族は後列外側、さらにその末席に両親が座るのが基本のかたちとなります。後列に友人を座らせるのは申し訳ないと感じるかもしれませんが、”親族同然に心を許せる仲間”だからこそという考え方もありますね。

テーブルはグループごとにまとめますが、初対面の人が隣り合わせになる場合は。できるだけ話が弾むよう年齢や関係が近い人同士になるよう割り振りましょう。招待客それぞれの肩書きやプロフィールを載せた席次表を配るのもポイントですね。

長テーブルを使用した結婚式の席順

格式の高い披露宴にする場合は長テーブルの「くし形」にします。内側のテーブルになるほど上座、外側になるにつれ下座というのが基本の考え方です。
結婚式席順長テーブル

長テーブルを配置する「くし形」の結婚式も、基本的な考え方は同じでメインテーブルに近いほど上座となります。丸テーブルのちらし型よりも序列がはっきりしており、格式が高いのが特徴です。

より多くの招待客が座ることができ、大人数の披露宴に適した配置です。ただし、丸テーブルよりもゲスト同士の会話がしづらいというのがデメリット。また、席同士の間隔狭くならないようにする配慮も必要となります。

高砂席に向かって外側後方が末席となり、そこに両親を座らせるのが一般的です。