両家顔合わせ挨拶の食事会段取りと進行の流れ(結婚準備)

結婚準備のひとつでもある両家の顔合わせ。近年では結納というかたちを取らず、「食事会」の場を設けて親同士を紹介するケースが主流となっています。

結納ほど格式ばらないものの、顔合わせの食事会はこれから新たに親戚となる家族同士の大切な場。お店の手配から服装、当日の流れなど最低限意識する必要があります。食事会の段取りで知っておくべきポイントをおさえておき、スムーズな顔合わせを執り行いましょう。

両家顔合わせの食事会を行う場所の手配

結婚に際した両家の顔合わせでは、両家の住所の中間点、もしくは男性側が女性側の地元に出向くかたちが一般的です。予約するお店は料亭やホテルの小宴会場、個室レストランなど、行いたい食事会のイメージに適した場所を選びましょう。費用についても誰が負担するのか事前に決めておくのがスムーズです。
両家食事会3

食事会の場所は、しきたりとしては、男性側が女性側の地元へ出向くケースが主流。しかし、近年は両家の実家の中間点あたりのお店を予約するのが一般的な考え方になっています。双方の両親と相談して、納得する場所を選びましょう。

食事会のお店は、結納の代わりとしてある程度あらたまった席にするなら料亭やホテルの小宴会場を。両家の親睦が目的であればレストランを予約しましょう。

レストランの場合も、個室を選ぶケースが多いです。和食のコースで、一人7000円〜10000円程度の価格帯のお店が一般的。事前に両親の嫌いな食べ物やアレルギーを確認しておき、コースを選ぶのがベターです。

費用を折半する場合やどちらかの親が負担する場合は事前に相談を。両親ではなく新郎新婦本人たちが負担するケースも少なくありません。その場合、会計は食事が終わる直前にさりげなく席を外して支払いを済ませておくのがスムーズです。

両家顔合わせ食事会の服装

あらたまった食事会にするのであれば、男性はスーツ、女性はアンサンブルやフォーマルなワンピースを。親睦目的の食事会はカジュアルな格好でも問題ないですが、それぞれ服装の格式にあからさまな違いが出てしまわないよう注意が必要です。
顔合わせ服装

両家顔合わせ食事会の服装で最も大事なことは、「双方の格式を統一する。」ということです。一方の家がフォーマルなスーツや着物で、もう一方がポロシャツではお互いが気まずい思いをしてしまいます。

料亭などを使った格式の高い場にするのであれば男性はブラックスーツやダークスーツ、女性は落ち着いた色のワンピースやアンサンブルを。もちろん和服や着物で合わせるのもOKです。

個室レストランでカジュアルな雰囲気の親睦会にする場合も、認識の違いが生まれないよう双方の両親にはどんな服装で行くのか確認しておくのがおすすめ。カジュアルな趣向の場合でもおめでたい席であることは変わりないので、親・本人ともに男性はジャケットやシャツなど襟つきの服装が、女性もやはりよそ行きのワンピースが相応しいです。

両家顔合わせ食事会での席順や手土産

食事会のお店では、上座に両家の父、下座に本人たちが座るのがマナーです。入口から最も遠い上座に男性側の父親というのが一般的な流れですが、譲り合いもOKです。新郎新婦本人は、両親を下座に座らせないよう意識しましょう。手土産については必ずしも用意しなければいけないということはありません。ただし一方の親が手土産を用意することが事前にわかっている場合は、もう一方の親にそれとなく伝えて手土産の持参を促すのも良いでしょう。
両家食事会席順

顔合わせ食事会での席順は、男性側の父親が入口から最も離れた上座に座るのが一般的です。その隣に男性側の母、下座に男性本人が座ります。四角いテーブルの座敷などでは、男性側の家族と対面するかたちで女性側の家族が並びます。

両家食事会席順丸テーブル

丸テーブルの場合も考え方は同じで、入口から最も遠い上座に男性側の父が座ります。ただし、親同士上座を譲り合うなど、席順に関しては両親の自由にしてもらっても大丈夫。新郎新婦本人たちは率先して下座に座ることを意識しましょう。

顔合わせの席での手土産に関しては、明確なマナーはありません。遠方の両親の場合はご当地のお土産を持参するケースが多いですが、持参するかどうかは両家の判断に任せるのが良いでしょう。新郎新婦本人たちで、両家の親たちが喜びそうな手土産を用意するのも自由です。

両家顔合わせ食事会当日の進行、流れ

新郎本人もしくはその父親の進行のもと、始めの挨拶、両家の紹介、乾杯と歓談という流れで食事会を進めていきます。婚約記念品がある場合は乾杯前に交換を。両家の記念撮影も行いましょう。親睦を深める目的の食事会の場合は形式は意識せず、食事を楽しみながら盛り上がる話題で話に花を咲かせればOKです。
両家食事会2

食事会当日の流れとしては、まずは両家の家族を紹介することから始まります。男性側の父親か、男性本人が切り出すかたちで進行を始めましょう。

親睦目的の食事会であれば、家族紹介以外は特に形式ばらず、リラックスして歓談を。結婚式の段取りや進捗状況、将来設計、幼少期のエピソードなどで話に花を咲かせ親睦を深めます。

あらたまった食事会の場合は、男性側の父親か男性本人を進行役とし、開始の挨拶、両家紹介から始めます。また、乾杯前に婚約指輪や結納品などの記念品交換の儀式も行いましょう。乾杯後は歓談で親睦を深め、食事が終わったらふたりそろって締めの挨拶を。最後に、両家揃って記念撮影を行います。お酒で顔が赤くなるのが気になる場合は、乾杯前に記念撮影を済ませてもOKです。