結婚式の席次表プロフィールに載せる質問・回答のポイント

結婚式の席次表の重要項目とも言えるプロフィール表。新郎新婦の生年月日や出会いのきっかけなどを招待客に知ってもらうことで、主役の二人により親近感を抱いてもらえます。

この記事では、席次表を作成するにあたって、プロフィール欄の基本的なイメージや一般的な質問、面白い質問アイデアなどを紹介します。

席次表プロフィールの目的と基本イメージ

披露宴がスタートする前に、ゲストの皆さんに新郎や新婦がどんな人なのかを知ってもらうのがプロフィール表の役割です。二人の顔写真や、どんなキャラクターなのかを質問仕立てでアピールしましょう。
プロフィール表イメージ

結婚式の席次表に記載するプロフィール欄は、新郎新婦がどんな人なのかを紹介するための枠。新郎のことをよく知らない新婦側ゲストのために、そして新婦のことを知らない新郎側ゲストのために、主役二人の人となりを知ってもらいます。

披露宴会場に招待客を通し、新郎新婦入場までの空き時間に読んでもらうのが目的です。披露宴ではプロフィールムービーなどを流すケースも珍しくありませんが、その前に紙ベースで目を通してもらうことで、式全体をとおして感情移入しやすくなります。

プロフィール表は席次表と兼ねたものが多いですが、最近では新聞仕立てにするなど趣向を凝らしたものもあります。

基本レイアウトとしては、中央に質問を置き、両サイドに新郎と新婦それぞれの回答を並べるものが一般的。二人の顔写真を載せたものが多いですね。質問の数はあまり多すぎても読みづらいので、10~20ぐらいにするのが主流です。

席次表プロフィール欄に載せる基本の質問

結婚式のプロフィール表には、まず主役2人の基本情報となる生年月日や出会いのきっかけなどを、自己紹介を兼ねて導入として記載しましょう。
席次表プロフィール3

プロフィール表には、招待客をクスッと笑わせるようなユニークな質問も必要です。しかし、それ以前に二人がどんな人なのか基本的な情報を紹介するのが大前提。そのため、以下のような質問は、プロフィール表を作成する上で外せないものです。

・生年月日
・出身地
・趣味
・出会ったきっかけ
・第一印象

他にも血液型や星座、自分や相手の性格など、アピールしたいポイントがあればプロフィール表の上部のほうの質問に記載しておきましょう。

席次表プロフィールの面白い質問アイデア

思わず笑みが溢れてしまうような面白い質問や回答で、新郎新婦入場までの雰囲気を温めるのもプロフィール表の役割。招待客同士の会話が盛り上がるような質問を考えましょう。
席次表プロフィール1

自己紹介的な質問をいくつか記載したら、あとは二人の日頃の間柄が垣間見えるような面白い質問や、愛情の深さが窺えるような質問を載せましょう。

ポイントとしては、質問が多くなりすぎないよう注意。ふざけた回答ばかり偏らず、微笑ましいものにするよう意識することも大事です。プロフィール表は、これから始まる披露宴の前座のようなものなので、初対面のゲスト同士の会話のネタ程度になれば成功です。

・お互いの好きなところ
・お互いの呼び方
・プロポーズの言葉
・片思いの期間
・相手の好きなところ
・相手へのお願い
・実はまだ相手に言っていない秘密
・「思い出の場所で待っています」と書き置きが残されていたらどこへ向かう?
・相手へ一言!

せっかくの機会なので普段相手に伝えられないことを残すのもいいですね。”二人だからこそ”作れるようなプロフィールで幸せをアピールするのも大切です。