結婚式席次表に載せる挨拶文のポイントと文例

結婚式でゲストが最初に目を通す席次表。近年ではこの席次表に新郎新婦からの挨拶文を掲載するケースが多いです。

挨拶文は必ずしも必要なものではありませんが、文章で感謝の気持ちを伝えることができるので、席次表に余白がある場合は載せるのがオススメ。

席次表挨拶文の作り方を解説するとともに、一般的な挨拶文のテンプレートを紹介します。

結婚式席次表に掲載する挨拶文のポイント

席次表の挨拶文には、ゲストへの感謝の気持ちとこれから二人で人生を歩むことの表明、今後の変わらぬ付き合いをお願いしたい気持ちなどを綴ります。堅苦しい文章にする必要はありませんが、結婚式に適さない漢字や、重ね言葉は控えるよう注意しましょう。
aa8f5fa52b801d6bfb8485be770a73a0_s

席次表に載せる挨拶文は、基本となる4つのポイントを押さえておけば文章を作りやすいです。

①結婚式へ来てもらったことへの感謝
②皆さんのおかげでこの日を迎えられたことへの感謝
③これからふたりで人生を歩んでいくことの表明
④今後も皆さんとの末永い付き合いをお願い

以上4点を踏まえた上で、感謝の気持ちを二人なりの言葉で綴りましょう。ただし、フォーマルな場に適さない言い回しには注意。

心を亡くすという「忙」という漢字はお祝いの場に相応しくないので、「いそがしい」「ご多用」などに言い換えを。漢数字の「二」も割り切れるという意味合いから使用を避け、「二人」は「ふたり」とします。また、結婚式は二度繰り返すべきイベントではないので、「まだまだ」「ひしひしと」など重ね言葉もNGです。

幸せが切れないよう、挨拶文には句読点を用いないのも基本です。

あまりに堅苦しい文章もよそよそしい印象となってしまいますので、最低限のマナーを意識しつつ、丁寧な言葉で感謝の気持ちを表わすのがいいですね。

席次表挨拶文の文例

遠方から来てくれたゲストがいる場合はその感謝の気持ちを、職場の重役を招待している場合はフォーマルな文章を、友人中心の結婚式の場合はややカジュアルな言い回しをするなど、テンプレートを参考に結婚式の雰囲気に応じた挨拶文を作りましょう。
04142fde5cf6617472b67e8d8d5221be_s

席次表挨拶文のテンプレート①

本日はおいそがしいなか私たちのために
お集まりいただきありがとうございます
今日ここで皆様に見守られつつ
人生でいちばん素敵な約束を交わせることに心から感謝しています
未熟なふたりですが力を合わせて
明るく楽しい家庭を築いていきたいと思います
今後とも末永いお付き合いのほど何卒よろしくお願い申し上げます

席次表挨拶文のテンプレート②

本日はご多用中にもかかわらずお集まりいただいた皆様
また遠路はるばるお越しいただいた皆様
私達の結婚式にご出席いただき誠にありがとうございます
皆様の祝福につつまれて今日の日を迎えられましたことを
心より感謝申し上げます
未熟なふたりですが互いに思いやり
これからの人生を一歩ずつ歩んでいきたいと思います
今後とも末永いお付き合いをお願いいたします

席次表挨拶文のテンプレート③

皆様の祝福につつまれて
今日の日を迎えられたことに心から感謝いたします
ふたりで力を合わせて明るく楽しい家庭を築いていきます
ささやかですがお披露目の席をもうけました
どうぞ楽しいひとときをおすごしください