桃の節句とは?雛祭りの由来と当日の祝い方

小さい女の子がいる家庭では大事な行事ごとである桃の節句。この記事では、桃の節句や雛祭りの由来と歴史。現代における雛祭りお祝いの仕方について解説します。

桃の節句とは

桃の節句とは雛祭りのこと。日本には季節の節目となる日が5つあり、桃の節句はその5節句のうちのひとつです。
桃の節句1

3月3日の雛祭りのことを、桃の節句またはといいます。日本の5節句のうちのひとつで元々は「上巳(じょうし)の節句」として伝わっており、女の子の健やかな成長を祈る日です。

日本の5節句(5節供)
1月7日 – 人日の節句
3月3日 – 上巳の節句
5月5日 – 端午の節句
7月7日 – 七夕の節句
9月9日 – 重陽の節句

女の子が誕生して初めて迎える桃の節句を「初節句」といいます。

雛祭りの由来

雛祭りの歴史は深く、古代中国にまで遡ります。平安時代に日本へと伝わり、流し雛などの風習と江戸時代の習俗が結びつき、雛祭りの原型ができました。
桃の節句4

元々は三国時代の中国で行われていた、川で身を清める風習が起源の雛祭り。古代中国では、3月最初の「巳」の日に邪気が訪れる日とし、水辺で禊(みそぎ)を行っていたとされています。これが平安時代に日本へと伝わり、自分に降りかかる邪気や厄災を身代わりの紙人形に託して川へと流す「流し雛(ながしびな)」に発展しました。

流し雛は源氏物語の絵巻にも出てきており、光源氏が人形を船に乗せて須磨の海に流したという逸話が記されています。3月始めの巳の日に行われていた流し雛はいつしか3月3日に定着し、人形も川へ流すのではなくお雛様を飾る風習へと変遷を遂げました。

これらの風習が、江戸時代には女の子の人形遊びである「ひいな遊び」と結びつき、現在にも伝わるひな祭りの形ができてきました。

ひな祭りが行われる3月3日が、桃の成る季節であることや、桃が邪気を祓うとされていることから「桃の節句」の名が生まれました。

現代の雛祭りのお祝い

雛祭りを祝う習慣は現代でも根付いています。雛人形を飾り、3月3日当日にはおいしい料理と白酒などで女の子の健康を祝いましょう。
桃の節句2

現代においても雛祭りでは、小さな女の子がいる家庭では雛人形を飾り、ちらし寿司やはまぐり、菱餅やひなあられなど縁起の良い食べ物で子供の成長を願います。

時代の移ろいとともに風習は希薄になりつつありますが、この桃の節句に関してはきちんと行う家庭も少なくありません。

特に女の子が生まれて初めて迎える初節句では、実家の両親なども招いて賑やかにお祝いするのが良いのではないでしょうか。