雛祭りに飾る菱餅の意味と由来、食べ方とは

雛祭りに供える菱餅には、子どもが健康的に成長することを願うさまざまな意味が込められています。赤、緑、白のそれぞれの色に厄除けの意味があり、お餅の素材にも健康的な効能が含まれているのです。

菱餅の由来や意味を知ると、より深く雛祭りというお祝いごとを楽しむことができるかと思います。この記事では、菱餅の歴史的背景やそれぞれの色が持つ意味、菱餅の食べ方について解説します。

雛祭りに供える菱餅の由来

雛祭りが日本に伝わる前から、3月の節句にはお餅を食べる文化がありました。日本で雛祭りの原型となる儀式が行われていた平安時代は緑の草餅を食べる風習があり、その後江戸時代に緑と白の菱餅になり、明治時代から3色の菱餅へとなったのです。
菱餅3

菱餅の起源ですが、雛祭りのルーツである古代中国の「上巳の節句」からすでにお餅を食べる風習がありました。しかし、その頃のお餅は現在の菱餅のような3色ではなく緑一色。母子草(ははこぐさ)で作った草餅を食していました。

上巳の節句が平安時代に日本へと伝わったあとも母子草のお餅を食べていましたが、「母と子を餅としてつくのは縁起が悪い」として代わりに草餅は蓬(よもぎ)が使われることとなりました。

よもぎの良い香りは邪気を払う力があるとされ、現在も縁起物として定着しています。今でも雛祭りに蓬の草餅を食べる風習が残る地方も少なくありません。

現在の雛祭りの原型ができるのは江戸時代初期。お餅がひし形の菱餅になるのもこの時代です。また、よもぎの緑色に「菱の実」の粉で作った白い餅を組み合わせて2色になります。菱の実は子孫繁栄や長寿の効能があるとされており、さらなる縁起物として菱餅に採用されたわけですね。

2色の菱餅は、明治時代に赤(桃色)が加わり現在の3色菱餅になります。山梔子(さんしし)というクチナシの果実を混ぜ合せることで表現される桃色は、まさに「桃の節句」とよばれる雛祭りに相応しい色。魔除けの力を持つ意味でも、赤は昔からおめでたい色とされています。

よもぎを使った緑、菱の実を使った白、クチナシを使った桃色。時代の変遷とともに健康と厄除けの願いが重ねられ、菱餅は現在の3色になったわけですね。

菱餅がひし形になった理由としては、「菱の実の形を模した」、「大地を表した」、「心臓の形を表した」など諸説あります。

菱餅の色が持つ意味とは

菱餅の素材には健康的な効能が備わっており、色にも子どもの成長を願う意味が込められています。また、菱餅の色の順番も春の情景を意味しています。
菱餅2

菱餅の色には、それぞれ効能や魔除けの力が備わっているとされています。

・緑(よもぎ) – 増血効果、厄除け、健康
・白(菱の実) – 血圧低下、清浄、子孫繁栄、長寿
・桃色(クチナシ) – 解毒作用、厄祓い

さらに菱餅の組み合わせにも意味が込められています。菱餅の3色の順番で、春の訪れを表し、子どもの健やかな成長を祝います。

・下から緑 → 白 → 桃色 – 「雪の下に新芽が芽吹き、雪の上に桃が咲く」
・下から白 → 緑 → 桃色 – 「雪の中から新芽が芽吹き、若葉の上に桃が咲く」

それぞれ緑を新芽、白を雪、桃色を桃の花としているわけですね。他にも地方によっては月を意味する黄色、太陽を意味するオレンジを加えた5色や7色の菱餅があります。

菱餅の食べ方

雛祭りのお供えが終われば菱餅を食べますが、食べ方は普通のお餅と変わりません。大きいものは食べやすいサイズに切り分けて、オーブントースターで焼くなどして食べましょう。
菱餅5

菱餅はその配色から甘いイメージがありますが、味は通常のお餅と同じで甘さや辛さはありません。菱餅の調理法やレシピも一般的なお餅と同じになります。

サイズの大きい菱餅は包丁で切り分けて食べます。縁起物である菱餅を切ってもいいの?と思われるかもしれませんが、「角を取って円満に生きる」という意味が菱餅にはあるので切り分けでも大丈夫です。

オーブントースターで焼き、お醤油、砂糖醤油、きな粉、あんこなどにつけて食べる。お味噌汁やぜんざいに入れるなど、お好みの食べ方でいただきましょう。