初節句で飾る雛人形の準備ルールとお下がりの考え方について

雛祭りは女の子の成長を願う大切な日。しかし初めて迎える初節句では、雛人形を誰が用意するのか、自分が子どもの頃に使っていたお下がりで大丈夫なのか悩むところ。

この記事では、雛人形は自分か両親のうち誰が準備すべきなのか、そして母親や姉妹のお下がりは可能なのかなど、雛人形を飾るしきたりについて解説します。

雛人形の準備は母方の実家が準備するのが風習

嫁入り道具の文化があった頃は、雛人形は母親の実家が用意するのが一般的でした。現在でもその風習を守る家庭はあるものの、考え方は自由になってきています。
雛人形1

かつては雛人形を嫁入り道具のひとつとしていた慣習もあり、初節句の雛人形は「母親の両親」が準備するものとされていました。

しかし最近では嫁入り道具の慣習が薄れたこともあり、雛人形の準備も父方の実家が用意するケースや本人たちで購入するケースなど、家庭ごとに考え方はさまざま。

雛人形を飾るスペースや購入費用を考慮にいれつつ、両親や夫婦で相談して決めるのが今では一般的です。

雛人形は一人につきひとつが正式

雛祭りの伝統を正しく守るのであれば、女の子の厄災を引き受ける雛人形はひとりにつき1セット用意することになります。つまり、2人姉妹や3姉妹の場合その都度雛人形を購入しなければいけないわけですが、金銭面はもちろん、収納スペース的にも不可能に近いというのが実際のところ。しかし、人形の種類を変えたり、自宅ではなく実家で飾ってもらったりなど、姉妹全員分を用意する手段は案外あるものです。
雛人形3

”子どもに降りかかる厄災の身代わり”というのが雛人形の起源。そのため、本来は姉妹や母親のものと共有せず、女の子ひとりにつき雛人形一つを用意するのが伝統です。

とはいえ、その伝統を守ろうと思うと女の子が誕生するたびに雛人形を購入しなければならないということになります。姉妹がいる家庭では頭を悩ませるところですよね。

たとえば長女の雛人形を母方の両親に用意してもらったなら、次女の雛人形は父方の両親もしくは自分たちで購入するのも方法の一つかと思います。ちなみに災いを払うお守りの役目を持つのは、男雛と女雛のお内裏様のみ。三人官女や五人囃子はひな壇を飾る装飾のひとつなので、持っている場合はわざわざ買い替える必要はありません。

また、雛人形は高価なものでないと意味がないということはありません。そもそも、雛人形のルーツとなる平安時代の儀式でな人形は”紙”などで作られたものでした。つまり雛人形も紙製で問題はないわけです。

ただし長女のみ職人が手がけたしっかりとした造りの人形で、二人目の雛人形が紙製だと間違いなく姉妹でケンカになりますよね。明らかな差が生まれないよう、たとえば次女は趣向を変えて小ぶりだけど可愛らしいフォルムの雛人形を用意するなど、工夫を凝らしましょう。

また、雛人形は実家で飾っても大丈夫です。長女の分は自宅で、次女の雛人形は実家の両親に飾ってもらうというのも手段のひとつですね。

お下がりの雛人形は、雛祭りの捉え方次第

自分が使っていた雛人形のお下がりを娘の初節句で用いるかは議論が分かれるところ。しかし雛祭りで最も重要なのは、我が子の健やかな成長を願うという”気持ち”です。
雛人形2

雛人形は女の子のひとりにつき一つという風習を守るなら、姉妹全員分を用意することはもちろん、自分が子どもの頃に使っていた雛人形を娘にあてがうことも本来ならNGということです。

しかし、風習はあくまで風習。実際のところは、母親が幼少期に飾っていた雛人形を、自分の娘の初節句で用いる家庭も少なくありません。逆に”お母さんが子供の頃に使っていた大切なもの”を我が子へと受け継ぐわけです。

雛祭りを大切な”儀式”と捉えるのであれば初節句では新しい雛人形を購入すべきですが、”お祝いイベント”と捉えるならあまり堅苦しく考えず、娘が喜ぶ飾りとおいしい料理で子どもの成長をお祝いするのが良いかと思います。