雛祭りはいつ行う?雛人形を飾る時期やしまう時期について

女の子の成長を祝う雛祭り。雛人形を飾る時期やしまう時期は毎年悩むところですが、ある程度の目安は一般論として決まっています。また、雛祭りは地域によって行う日が違う場合がありますが、いつ行うのかについても成り立ちを理解することでより深く知ることができます。

この記事では、雛祭りの行う時期と雛人形を飾る時期、そして片付ける時期と正しい保管方法について解説します。

雛祭りはいつ行うもの?

桃の節句、すなわち雛祭りは3月3日に行います。しかし、旧暦の風習を守る地域ではひと月遅く4月に行うケースもあります。
雛人形を飾る時期4

雛祭りは3月3日に行うのが一般的。しかし、一部地域では一ヶ月遅れの4月3日に行うところもあります。

そもそも雛祭りの起源にあたる古代中国の儀式では、3月始めの”巳”の日に行うとされており、明確に3月3日とは決まっていませんでした。

中国の儀式が日本に渡り、「上巳の節句」として3月3日に行われることにななったのです。ちなみに江戸時代までは旧暦にあたる和暦(太陰太陽暦)が採用されており、現在の4月頃を3月としていました。新暦の3月3日が採用されるようになったのは明治時代の改暦以降です。

旧暦の3月3日はちょうど桃が咲く春の時期だったため、上巳の節句(雛祭り)は「桃の節句」と呼ばれるようになったわけですね。地域によって雛祭りを4月に行っているのは、元来行われていた旧暦の考え方を尊重しているからです。

しかし現在ほとんどの地域では新暦が共通の認識。桃の季節には少し早いですが、雛祭りのお祝いは新暦の3月3日に行うのが主流です。

雛人形を飾る時期とは

雛人形は遅くても3月3日の一週間前までには飾りましょう。福を呼び鬼を払う節分(立春)の翌日が最も理想的とされています。
雛人形を飾る時期2

地域によって多少前後はしますが、雛人形は2月初め頃に飾ります。どれだけ遅くても雛祭りの一週間前には飾るのが一般的。

また、立春にあたる「節分」の翌日に飾るのが良しとされてます。厄(鬼)を払って家を清めたあとに飾るわけですね。家庭によっては大安吉日にもこだわりますが、大安以外の日でも特に問題はありません。

雛人形を飾る理想の期間としては、節分の翌日から2週間前後までのあいだですね。また、箱から出す前の状態を写真に撮っておけば、雛祭りが終わったあとスムーズにしまうことができます。

雛人形をしまう時期と保管の注意点

雛祭りが終われば、翌日以降できるだけ早いタイミングで雛人形は片付けるべき。しかし湿気の被害から雛人形を守るため雨の日は避け、天気の良い日にしまうようにしましょう。保管場所の湿気対策の考える必要があります。
雛人形を飾る時期1

雛人形は片付けるのが遅れると「婚期が遅れる」と言われています。片付けができない女性は嫁のもらい手がないという意味合いを含んだ迷信の一種です。しかし言い伝えはともかく、雛人形は3月3日の雛祭りが終わればすみやかに片付けるのがベター。

「節句」という節目の行事が終わったにもかかわらずいつまでも出しておくのはあまり褒められたものではなく、来客などがあった場合に恥ずかしい思いをしてしまいます。

言い伝えよりも現実的なポイントとして、雛人形を片付けるのは天気の良い日を選びましょう。一般的な雛人形は絹が多く使用されており、湿気は大敵。雨の日は片付けを見送るのがいいですね。

保管場所に関しても、結露が出るような湿度の高い場所は極力避け、カビの驚異から雛人形を守ります。押し入れにしまう場合は必ず湿気対策を。雛人形の箱に乾燥剤を入れておくのもいいでしょう。