雛人形の飾り方と人形の名前

初節句・雛祭りを華やかに彩る雛人形。主役であるお雛様の他にも、雛壇にはあらゆる登場人物が鎮座します。それぞれの名前や役割を知ることで、よる深く雛祭り祝えるのではないでしょうか?

この記事では、雛人形の飾り方、並べ方とともにそれぞれの雛人形の名前や役割について解説します。

【一段目】お内裏(だいり)とお雛さま

雛人形の一段目はもちろんお殿様とお姫様。内裏びなと呼ばれるお内裏さまとお雛様は、天皇と皇后を意味します。
雛人形の飾り方7

雛人形の最上段には、内裏びなとなるお殿様とお姫様がきます。向かって左に男雛、右に女雛を飾りましょう。

男雛の左手には笏(しゃく)を持たせ、左の腰に太刀を備えさせます。女雛は桧扇(ひおうぎ)を開いて両手に持たせましょう。

男女一対の雛人形である内裏びなは、天皇と皇后を表しています。女の子の災難を引き受ける本来の役割を担うのはこの一対の内裏びなのみで、実は二段目以降の登場人物は装飾です。

【二段目】三人官女(さんにんかんじょ)

宮廷に仕える女官、三人官女が二段目を飾ります。
三人官女1

雛壇の二段目にはお内裏様に使える三人官女が来ます。立ち姿の女性二人を両側に、座っている女性を真ん中に飾りましょう(座り姿が二人のパターンもあり。その場合は唯一立ち姿となる女性を中央に)。

真ん中の官女には島台(しまだい)もしくは三方(さんぼう)を、右の官女には長柄(ながえ)を、左の官女には提子(ひさげ)をそれぞれ手に持たせます。

官女の間には高坏(たかつき)を置き、桜餅や草餅などの和菓子を供えます。

【三段目】五人囃子(ごにんばやし)

五人囃子は楽師たちでなりたつ少年たち。それぞれ配置が決まっています。
五人囃子

三段目に並ぶ五人囃子。囃子とは能楽の演奏形式のひとつで、それぞれ得意とする楽器や歌で女の子の成長を祝います。

並び順としては、左から太鼓、大皮鼓、小鼓、笛、右端に扇を持つ謡い手を飾ります。

五人囃子は皆元服前の少年なので、髪を結わずに侍烏帽子をかぶっています。

【四段目】随身(ずいじん)

武人である随身は、手に持つ弓と矢で宮廷を警護する役割を担います。
随身

四段目には武芸に秀でた二人の大臣、随身が来ます。人形目線で左上位となるので、向かって右側には年配の左大臣を、右端に若い右大臣を飾りましょう。年齢の判別がつかない造りの場合は、黒い衣装の方が左大臣となります。

弓を左手に持たせ、右手の矢は羽根が下にくるよう持たせます。背負い矢は向かって右側から羽根が見えるようにしましょう。

左大臣と右大臣の間には菱餅や掛盤膳(かけばんぜん)を供えます。

【五段目】仕丁(しちょう)

雑用係の仕丁たちは、雛人形唯一の一般庶民として喜怒哀楽の大切さを伝えます。
仕丁

五段目に飾る仕丁は、庭掃除など雑用として御所に使える従者たち。それぞれ笑い顔、怒り顔、泣き顔で子どもが表情豊かに成長することを願います。

向かって左から熊手、真ん中がちりとり、右が箒を持たせましょう。京風の雛人形では真ん中の仕丁は沓台(くつだい)を、左に台笠、右は立傘を持ちます。

橘は「右近の橘」として向かって左に、桜は「左近の桜」として向かって右に置きましょう。

【六段目・七段目】その他装飾

六段目と七段目には、嫁入り道具やお輿入れ道具を並べて雛壇を装飾します。
雛人形下段

雛壇の六段目には花嫁道具である箪笥や長持、表刺袋(うわざしぶくろ)、針箱、茶道具、火鉢、鏡台などを飾ります。

最下段を飾る七段目には、御駕籠や重箱、牛車などのお輿入れ道具を並べましょう。

六段目・七段目ともに並び順は明確に決まっていないので、自由に飾って被弾を彩ります。