和食のマナー、お箸やお椀の正しい扱い方とは

懐石料理など、本格的な日本料理を食べるときに知っておきたい正しいマナー。特に結婚式のようなお祝いの場では、お箸の間違った使い方をしてしまうと恥をかいてしまいます。器の持ち方やお椀の開け方など、正しい振る舞いを覚えて美味しく和食をいただきましょう。

お箸の持ち方

お祝いの場で日本料理を食べる場合、正しいお箸の持ち方は最低限できるようにしましょう。また、お箸を持ち上げる動作にもマナーがあり、これを自然に行えると振る舞いが魅力的に見えます。

まずは基本的なお箸の持ち方をおさらい。お箸の持ち方が不格好だと、フォーマルな場所では恥ずかしい思いをしてしまいます。数日間練習すれば必ず矯正できるので、正しい持ち方ができない人は当日までにマスターしておきましょう。

下の箸を親指と人差し指の付け根のところで挟み、薬指の第一関節あたりに当てて固定。

親指、人差し指、中指で上の箸を持つ。親指を支点に、上の箸のみ動かします。箸の真ん中より上を持つと動かしやすく、見た目にも綺麗です。

%e3%81%8a%e7%ae%b8%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%96%b9

また、お箸の持ち上げ方についても正しい所作を知っていると、上品で魅力的な振る舞いになります。

①右手で箸の真ん中より上あたりを持つ。

②左手を下から添え、箸を持ち上げる。

③右手を箸に沿ってすべりこませ、下へ回り込む。

④右手で正しく箸を持ち、左手を離す。

割り箸の割り方

割り箸を無造作に「パキッ」と割るのは、結婚式のような場所では相応しくありません。必ず膝上で、静かに割るようにしましょう。

割り箸は右手で取り上げ、水平に持ちます。右手で上の箸、左手で下の箸を持って割りましょう。
お膳の上で割るのではなく、膝上で割るのがポイントです。また、縦に持って割ったり、こすり合わせるのはマナー違反です。

箸使いNGマナー

お箸の誤った使い方を知っておけば、宴席の場で大恥をかくことはほぼありません。逆に箸使いのタブーをやってしまうと、相手にとても不快な思いをさせることもあります。当たり前のことから知らずしらずのうちにやってしまいそうになることまで、お箸のNG行為は意外にも多いです。特に目上の人の前や冠婚葬祭の場では気をつけるようにしましょう。

■渡し箸
箸をお椀の上に渡して置くこと。

■寄せ箸
箸で器を手前に引き寄せること。

■立て箸
箸をご飯の上に突き刺して置くこと。

■迷い箸
何を食べるか迷って、箸をあちこちに動かすこと。

■さぐり箸
料理の中身をさぐりながら、箸で器の中をかき回すこと。

■なめ箸(ねぶり箸)
箸に残ったものを、くわえたり舐めたりして取ること。

■握り箸
箸を手に持った状態で、器を持ち上げること。

■差し箸
料理を突き刺して食べること。

■振り上げ箸
会話しながらむやみに箸を振り回したり、人を指したりすること。

お椀や器の持ち方

お椀や小皿、小鉢などの小さい器は手に持って食事します。このとき、必ず両手で持ち上げるのがマナーです。
%e3%81%8a%e6%a4%80%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%96%b9

器を手に取るときは一旦箸を置き、両手で器を持ち上げ、左手に移しかえます。そのあと右手で箸を取り、器を持った左手の中指と薬指で箸を支えながら、右手で箸を握りましょう。

お椀のふたの開け方

お吸い物などのお椀のふたは、「の」の字に回すと開けやすいです。食べ終わってふたを戻すときは、裏返しなどにはせず元通りにかぶせましょう。
%e3%81%8a%e6%a4%80%e3%81%ae%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%ae%e9%96%8b%e3%81%91%e6%96%b9

蒸気で張り付くため、開け方を知らないと意外と手こずるお椀のふた。椀を左手でささえ、右手で高台をつまみ、手前から奥側へ「の」の字に回すと簡単に開きます。つゆが食卓にこぼれ落ちないよう、椀の内側でしずくを切っておきましょう。ふたは裏返しにして椀の右側に置いておきます。

食べ終わったらふたを椀に戻しますが、このとき裏返しに戻すのはNGです。器の塗を傷つける恐れがあるので、ふたは必ず元通りの状態に戻しましょう。