結婚式での西欧コース料理の食事マナー

結婚披露宴で最低限知っておきたいテーブルマナー。ナイフやフォークを使う順番やナプキンの扱い方など、フレンチのような西欧コース料理では迷ってしまうことが少なくありません。知っておかないと恥をかく可能性もあるグラスの扱いやスープの飲み方など、紳士淑女としてのテーブルマナーをおさえておきましょう。

披露宴会場で着席するときのポイント

着席するときは左側から座るのが基本。また、バッグなどの荷物は椅子の右側の足元に置くようにしましょう。
%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e5%ae%b4%e3%83%86%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab

あまり意識しない人も多いですが、自分のテーブルに座る際は左側から入るのが本来のマナー。式場スタッフの人が椅子を引いてくれたら、ゆったりと深く腰を下ろしましょう。テーブルとの距離はこぶしひとつ分が目安です。

バッグ類は、自分の右側の足元に置くのがいいでしょう。事前に引き出物袋が置かれている場合は、その近辺で問題ありません。デーブルの上に荷物を置くのはNGです。

ナプキンの扱い方

披露宴では、乾杯が終わってからナプキンを広げます。トイレなどで席を立つときは椅子の上へ、披露宴が終わって退席するときはテーブルの上へナプキンを置くようにしましょう。
%e3%83%8a%e3%83%97%e3%82%ad%e3%83%b3

ナプキンは、食事を始めるときまで広げません。新郎新婦からのメッセージカードを除き、テーブルの上のものは乾杯まで極力触れないようにしましょう。

ナプキンを広げるときは二つ折りにして、折り目(輪っかのほう)を手前に膝の上へ広げます。席を立つときは軽くたたんで椅子の上に置きましょう。テーブルの上にナプキンを置くのは食事終了のサインなので注意。

披露宴が終了して退席するときはテーブルの上にナプキンを置きますが、その際ラフにたたむようにします。きっちりたたんでしまうと、「料理やサービスに満足いかなかった」という意思表示になってしまうので気をつけましょう。

グラスの扱い方

ワインやシャンパンを注いでもらうとき、グラスは持ち上げないようにしましょう。飲むときは、小指を立てずにグラスを持ちます。

フランス料理のような西欧のフルコースでは、ワインを注いでもらう際はグラスを持ち上げるのはMGです。グラスの底や持ち手に手を添える程度にとどめましょう。また、招待客同士でお酒を注ぐ場合、女性がお酒を注ぐのはタブーというのが正式なマナー。少なくとも、女性の手酌は避けるようにしましょう。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%81%ab%e7%99%bd%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%b3

乾杯のときは目の高さに持ち上げて、目線を合わせるだけにするのが結婚式のような場でのマナー。「カチン」とグラス同士を合わせるのは、薄いグラスが割れる可能性もあるため本来はNG行為です。ただし、そういったことを把握していない周りの招待客がグラスを合わせることを求めてきた場合、マナー違反だからといって避けるのも楽しい雰囲気に水を差すというもの。マナーにとらわれすぎず、ある程度は臨機応変に行動してもいいのではないかと思います。

%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e5%ae%b4%e3%81%ae%e4%b9%be%e6%9d%af

飲むときのグラスの持ち方ですが、ワインの温度を保つために日本では細い脚の部分(ステム)を持つのがいいと考えられています。逆に、国際的なテーブルマナーではボウルの部分を持つのが正しい持ち方です。どちらも見方によっては正しいため、グラスのどの部分を持つかはあまり意識する必要はありません。しかし、小指を立ててグラスを持つのは下品な表現となってしまうため、それだけは注意しましょう。

ナイフとフォークの使い方

テーブルに並べられているナイフやフォークなどは、外側から使っていきます。食事中に一旦置く場合は、「ハ」の字にナイフとフォークを置きましょう。食事が終わった場合は、お皿の右端にナイフとフォークを揃えて置くのがサインです。
%e3%82%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%83%bc

西欧料理でテーブルに用意されているナイフやフォーク、スプンなど食べるときに使う食器類をまとめて「カトラリー」といいます。

このカトラリーですが、結婚式のスタイルによっては、大小さまざまな大きさのものがずらりと並べられていることがあります。同じようなナイフやフォークが何本も並んでいると戸惑ってしまいそうにありますが、使い方はいたってシンプル。外側に置かれているものから順番に使いましょう。

%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%95%e3%81%a8%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af

最初のスープは一番右側のスプーンでいただきます。続く前菜を両端のナイフとフォークで、さらに魚料理、肉料理と順番に外側の食器を使っていきます。仮に間違えても、会場のスタッフの方が新しいものを持ってきてくれます。また、披露宴によってはあらかじめカトラリーを並べるのではなく、一品ごとにナイフとフォークを交換してもらうスタイルもあります。

食事中に席を立つ場合や手を休める場合、ナイフとフォークを「ハ」の字に置きましょう。このとき、ナイフの刃は内側、つまり自分の方に向けて置き、フォークは下向きに置きます。これが「食事中」のサインとなります。

%e3%83%8f%e3%81%ae%e5%ad%97%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%95%e3%81%a8%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af

食事が終わったことを示すには、ナイフとフォークをお皿の右に揃えておきます。右側であれば斜めに置いても平行に置いてもどちらでも問題ありません。ナイフの刃は内側、フォークは下向きということだけ守りましょう。

もし食事中にナイフやフォークを落としてしまった場合、かがんで自分で拾うのはマナー違反です。食器を落としても慌てず、落ち着いた動作でサービス係の人を呼び、拾ってもらうようにしましょう。

スープの飲み方

スープはスプーンですくい、音を立てずに飲みましょう。スープ皿を手にとって持ち上げるのはNGです。
%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

スープを飲むときのスプーンの動かし方ですが、イギリス式では手前から奥へ、フランス式では奥から手前へとすくうのがテーブルマナーです。日本の披露宴では、どちらを採用しても特に問題ないでしょう。

西欧料理では、音を立てて食べるのはNGです。スープは「ズズッ」とすすらず、静かに飲みましょう。スプーンを平行に口元に持っていかず、直角にして口へ運ぶと音を手たてることなく飲みやすいです。

また、お皿を持ち上げるのはマナー違反。スープは、スプーンですくえない量になったら食事終了です。お皿を傾けて残ったスープをかき集めたい気持ちはグッと抑えましょう。パンにスープをつけるのもNGです。

お皿ではなく、取っ手のついたカップでスープを出された場合は、持ち上げてもOKです。

%e5%8f%96%e3%81%a3%e6%89%8b%e3%81%a4%e3%81%8d%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

パンの食べ方

パンは直接かじらず、必ず手でちぎって食べましょう。
%e3%83%91%e3%83%b3

直接パンをかじるのはマナー違反。ひとくちサイズに手でちぎって食べるようにしましょう。また、両手にパンを持って食べるのも不格好なので、口に入れない方のパンは先にお皿へと戻します。

バターを塗るときは、ちぎったパンに少量を乗せ、食べる前にバターナイフをお皿に戻します。その際バターナイフの刃は、自分側に剥くように置きましょう。

お肉料理の食べ方

披露宴で出されるお肉料理ですが、最初に全部切り分けるのはNG。ひとくちずつ切り分けて食べるのがテーブルマナーです。
%e4%bb%94%e7%89%9b%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

お肉は、左端から食べる分だけを切り、口へと運びます。ラムのような骨付き肉の場合は、フォークを刺してしっかりと抑え、骨の近くにナイフを入れて切り離します。難しい場合は、手で持って食べても骨付き肉はマナー違反になりません。

披露宴のコース料理を食べる速度

全員が同じペースで食べ進めるのがコース料理。他の人がまだ料理を提供されていないのにひとりだけ早く食べたり、離席などで遅くなりすぎるのはNGです。

料理を提供されるとすぐに食べ始めたいところですが、同じテーブルの人たちに料理が行き届くまで待ちましょう。また、披露宴の場合は新郎新婦との写真撮影やご両親への挨拶など、席を立つ機会がなにかと多いですが、ひとりだけコースの進行を止めてしまうぐらい遅れないよう注意が必要です。