七五三はいつ祝う?対象年齢や参拝時期について

七五三時期いつ

子どもの成長を祝う七五三ですが、神社への参拝時期などは意外と迷うもの。このページでは、お参りに行くタイミングの一般的な考え方について解説します。

また、男の子・女の子の七五三を祝う年齢や、「数え年」「満年齢」についても紹介します。

七五三は毎年11月15日、参拝の時期はいつがベスト?

11月15日の前後の週末が、参拝のピークです。混雑状況を考慮しながら、時期をずらして七五三のお参りに行くのもおすすめです。
七五三時期いつ

七五三は、正式には11月15日に行われる行事です。

ただし、必ずしも11月15日当日にお参りへ行く必要はありません。その前後の週末など、家族のスケジュールが合う日に行くのが一般的です。

ただし、七五三シーズンである11月は神社も混み合うので要注意。特に11月15日直近の土日が「大安」の場合は、大変混雑します。

11月にこだわらず、10月に七五三のお参りを済ませる家庭も少なくありません。3歳や5歳の幼い子どもを連れ歩く七五三では、体調と安全性を第一に考えて日程を調整しましょう。

七五三を祝う年齢

七五三は、3歳は男女ともに、5歳は男の子のみ、7歳は女の子のみ祝うのが一般的。
七五三時期いつ男の子女の子

男の子の七五三はいつ?

男の子の場合、3歳と5歳のときに七五三をお祝いします。

ただし、地域によっては男の子の場合3歳ではお祝いしないところもあるので、祖父母などにも相談しつつお参りするかどうかを決めましょう。

女の子の七五三はいつ?

女の子は、3歳と7歳のときに七五三のお参りをします。

七五三は満年齢と数え年どちらで行なうべき?

七五三は「数え年」で行なうのが正式でしたが、現在では「満年齢」でお参りするケースも少なくありません。
七五三時期いつ満年齢数え年

「数え年」とは、生まれた年を1歳として、新年の1月1日を迎えるごとに1歳を加えるという年齢の表し方です。

「満年齢」は、現在の一般的な年齢の考え方ですね。生まれた瞬間は0歳で、誕生日を迎えるごとに1歳を加えていきます。

七五三は、江戸時代に始まった神事で、かつては年齢は全て数え年で計算していました。そのため、七五三のお参りも数え年を基準にするのが本来のかたちです。

しかし、現代では満年齢と数え年、どちらでも良いという考えが根付いています。

特に、数え年で3歳の場合、生年月日によっては生後2年未満で七五三を迎えることとなります。子どもの成長度合いを考慮して、満年齢で七五三に行く家庭も多いですね。

また、「姉が数え年で7歳」「弟が満3歳」といったように、兄弟・姉妹でタイミングを合わせるようにするなど、自由な考え方が増えています。